Googleマップの移行は思った以上に手間だった

Googleのサービスを別アカウントに移行中のワタクシ。

Googleマップにスターを付けまくっていたんだけど、そのデータを移行するのは想像以上に手間がかかる作業だった。 同様の作業はスターをマイマップに移行するときも同じ手順なので、メモしておく。

まず、マップのどこを見てもスターをエクスポートする手段が無い。 だけど、自分のデータをまとめてアーカイブできるサービスを利用できることが判明。

自分のデータをダウンロード

これを使って、地図データだけ手元に落とすことができる。 最初は全てにチェックが入っているので、地図だけにしないと時間がかかってどうしようもなくなる。

データ選択 google

どのようにダウンロードするか選んで、アーカイブを作成する。 オレはGoogleドライブに保存しとくようにした。

google データ移行

そうすると、takeout-日付等.zipというファイルが保存される。 解凍すると、下記のような構造になっている。

takeout-日付等.zip

マップ(場所)

保存した場所.json

この保存した場所.jsonが、スターが付いた情報になる。 これを読み込ませれば無事にデータ移行が完了するってことになるのだが・・・

さて、これからが曲者だ。 出力は.jsonなのに、Googleマップはこれを読み込むことが出来ないという糞仕様だ。 なんなんだGoogle。

仕方ないので、まず変換サイトでこのファイルをGoogleマップで読み込める形式に変換する。 見た目は少し怪しいけど、とりあえず変換はちゃんとできたよ。

kml json 変換

「参照」を押して、先ほどの保存した場所.jsonを指定して、「Send File」を押すと変換されたファイルがダウンロードされる。

Converted-Saved-Places.kml

ただし、このファイルは文字コードがUTF-8N形式なので、そのまま読み込ませると文字化けしてしまう。

オレはTerapadを使って、文字コードをUTF-8Nに指定して読み込んでから、Shift-JISで保存した。 こうすることで日本語も正しく読み込ませることができる。

では早速、マイプレイス→マイマップ→レイヤを追加→インポートで、変換したファイルを読み込ませよう。 文字コード変換したファイルをインポートすると、よし!今までのスターを付けた場所が全部ちゃんとインポートできた!

でも、ここまでやっていて、ふと気がついた。

マイマップなんて使うのか、オレ?

だってさ、検索して、出てきた結果を「保存」してスターを付けて、出先でマップを見てスターを付けた場所が近くにあれば行ってみる。 主に飲食店ばっかりって使い方だ。

それに、マイマップに登録するのだって面倒な手順が必要だ。

もちろん、便利な点はいくつかある。 地点名を自分で編集できるのは、新店とか検索で出てこないときには便利だと思う。 でも、それはあくまでも100件あれば5件も無いくらいの頻度でしかないしな。

検索→マイマップに保存

この操作が簡単にできるようにならないと、当分はマイマップを活用することはなさそうだ。

ま、古いスターを移行できたのでとりあえずは良しとしようか。

『Googleマップの移行は思った以上に手間だった』へのコメント

  1. 名前:なかやん 投稿日:2016/11/28(月) 07:08:07 ID:99219a7c0

    お役に立てて何よりです!

  2. 名前:匿名さん 投稿日:2016/11/19(土) 18:41:23 ID:517d24c15

    とても参考になりました。

  3. […] Googleマップの移行は思った以上に手間だった […]

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove