Google Calendar にパームのデータを移行

Google Calendar にパームの予定をインポートしてみました。

無事にインポートできたので、手順をメモがてら公開。 何故 Google Calendar にしたかと言えば、かなり過去に遡っても登録できたのが Google Calendar だけだったから。 1930年代の親の誕生日まで入力できた。 これって凄いかも。

実際、予定も1998年からの全てのデータをインポートできています。

  1. 用意するもの
    • PalmDesktopソフトウエア
    • データ変換はPalm2txt://homepage2.nifty.com/qylin/software1.html
    • エディタはTerapad://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html
    • エクセル
  2. 予定をエクスポートしてCSVに変換する
    PalmDesktopでバックアップファイルを作成し、Palm2txt.exeを使ってCSV化します。
  3. 不要なデータの削除
    CSVファイルをエクセルに読み込ませ、不要なデータを削除します。
    エクスポートしたデータのフォーマット

    レコードID,ステータス,ポジション,日付,開始時刻,終了時刻,内容,継続時間,時刻指定なし,コメント,プライベート,アラーム,アラーム繰上,アラーム単位,定期的

    エクスポートしたデータのうち、下記のフィールドが残っていれば登録可能。

    日付、開始時刻、終了時刻、内容、時刻指定なし、コメント

    終日の予定は End Date、Start Time、End Time は空白、All Day は Yes にします。
    これが終日予定のサンプル。

    “公休”,”2000/1/1″,””,””,””,”Yes”,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””,””

    あと注意点としては、繰返予定は最初の1件だけではなく、全ての予定が出力されているので、別に手作業で登録した方が良いかも。

  4. データの整形
    下記の通りデータを整形します。

    • データフォーマットを下記にする

      Subject,Start Date,Start Time,End Date,End Time,All day event,Reminder on/off,Reminder Date,Reminder Time,Meeting Organizer,Required Attendees,Optional Attendees,Meeting Resources,Show time as,Billing Information,Location,Mileage,Priority,Private,Categories,Sensitivity,Description

    • 半角カナは全角カナに変換する
    • フィールド内に改行を含む予定・コメントは改行を削除する
    • プライベートや、ビジネス等、分けたいジャンル別にファイルをわける

    半角カナ→全角カナ変換は、エクセルだとJIS()関数を使えばOKです。

  5. データの保存
    作成したデータは下記の設定で保存します。 文字コードを SJIS なんかにしちゃったら、全部文字化けして悲しいことになるので要注意。

    漢字コード: UTF-8N
    改行コード: LF

  6. インポート
    インポートして正常に終了してくれれば完了です。 データ量が多過ぎたときはサーバエラーになるので、少し分割しましょう。