Xiaomi Mi MaxをRoot化せずに3GもLTEもプラスエリアに対応させる

愛機だったXperia Z Ultraがだいぶ調子が悪くなってしまったので、Xiaomi Mi Maxを買った訳だが、別にRoot取らなくても普通にプラスエリア化ができたのでメモを残す。

ネットをあちこち探していると、どこもDFS CDMA Toolなるものを使って3Gだけプラスエリア化するのが主流みたいだね。  でも、今回はXperia Z Ultraのプラスエリア化と同じ手順でやってみるテスト。

基本的にQualcomm系なら、みんな同じなんジャマイカ。

用意するソフトなんかも一緒だけど、ドライバだけ端末に合わせて入れておこう。

Download Xiaomi Mi Max USB Driver

署名なしドライバのインストール方法はネットに山ほど転がっているので、自分のOSにあわせてそちらを参照されたし。 おまじないはコレ。

bcdedit /set TESTSIGNING ON/OFF

DIAGモードに入る

まず、開発者モードを有効にした状態で、電話アプリで下記をダイヤル。

*#*#717717#*#*

すると「Diag USB Port enable」と表示されてDIAGモードが有効になる。 もう一度、同じコマンドをダイヤルすると無効になる。

DIAGモードを有効にしたらUSBケーブルでPCと接続し、デバイスマネージャを開くとCOMポートが追加されている。

デバイスマネージャ

3G回線のプラスエリア化

QPST 2.7 build402をダウンロードしてインストールし、QPST Configurationを起動する。 先に確認したデバイスマネージャのCOMポートと、同じポートが選択されているはず。

QPSTconfiguration

次にRF NV Item Managerを起動する。 メニューに登録してあるショートカットをクリックするとPDFファイルが開くが、これはリンク先が間違っているからなので、下記を起動させてくれい。

C:\Program Files (x86)\Qualcomm\QPST\bin\RF_NV_Manager.exe

画面下部には先ほどのCOMポートが表示されている、と思うが違っていたら[Setting]-[Comport]で選択できるかも。 そうしたら[File]-[Read From Phone]をクリックする。

NVManagerReadFromPhone

そうすると今の電話の情報がズラーッと読み込まれるので、[1877]をクリックすると横に15桁の数字が表示される。 この数字はモデルによって違うようで、International版だと[562950035735427]だった。

4RFNVManager1877

後で参照したり、書き戻したりしたくなった時のために、これをメモ帳とかに貼り付けて取っておく。

次に下記の2つのファイルを展開する。

展開したファイルのうち、wxmsw293u_gcc_custom.dllを、mzTool_1.2.1a.exeと同じディレクトリに移動して、mzTool_1.2.1a.exeを起動する。

起動したら[Input Radix]のラジオボタンを[Decimal]にして、赤枠のテキストボックスに先ほどの15桁の数字をコピペすると、下の[Bit Information]にその数字が対応する周波数帯域(BAND)が表示されるので、これも先ほどのメモ帳にでも貼り付けてとっておく。

5mzToolDecimalPaste

ちなみに、オレのXiaomi Mi Maxはこうだった。

旧:562950035735431

バンドはコレ。

[Bit_00] Band Class 0, A-System
[Bit_01] Band Class 0, B-System
[Bit_02] Band Class 1, all blocks
[Bit_07] GSM DCS 1800 band
[Bit_08] GSM Extended GSM (E-GSM) band
[Bit_09] GSM Primary GSM (P-GSM) band
[Bit_19] GSM 850 band
[Bit_21] GSM PCS 1900 band
[Bit_22] WCDMA Band I – EUROPE JAPAN & CHINA IMT 2100 band
[Bit_23] WCDMA Band II – US PCS 1900 band
[Bit_26] WCDMA Band V – US 850 band
[Bit_49] WCDMA Band VIII – EUROPE & JAPAN 900 band

次に[Band Preference]タブをクリックして、先ほどの周波数帯域のチェックボックスにチェックを入れていく。 全てチェックを入れたら、下部中央にある[RF BC Config]の[Decimal]の値が、[,]を除いて一致していることを確認する。 ここがスタート地点なので、間違えないように。

6mzToolBandCheck

これに追加したい周波数帯域のチェックを入れてやりましょう。 プラスエリア化に必要なのは下記らしい。

  • [27]VI-Japan 800
  • [50]IX-Japan 1700
  • [60]Reserved for BC10-1700

さらに、ハード的に対応できているかわからないけど、海外旅行で使うためにヨーロッパも追加しちゃおうかな。

  • [25]IV-US 1700
  • [48]VII-Europe 2600

これらを追加したら、下部中央にある[RF BC Config]の[Decimal]の値をメモ帳にコピペして取っておく。 カンマは不要。 確認したらこうなった。

新:1154891829693907847

バンドはコレ。

[Bit_00] Band Class 0, A-System
[Bit_01] Band Class 0, B-System
[Bit_02] Band Class 1, all blocks
[Bit_07] GSM DCS 1800 band
[Bit_08] GSM Extended GSM (E-GSM) band
[Bit_09] GSM Primary GSM (P-GSM) band
[Bit_19] GSM 850 band
[Bit_21] GSM PCS 1900 band
[Bit_22] WCDMA Band I – EUROPE JAPAN & CHINA IMT 2100 band
[Bit_23] WCDMA Band II – US PCS 1900 band
[Bit_25] WCDMA Band IV – US 1700 band
[Bit_26] WCDMA Band V – US 850 band
[Bit_27] WCDMA Band VI – JAPAN 800 band
[Bit_48] WCDMA Band VII – EUROPE 2600 band
[Bit_49] WCDMA Band VIII – EUROPE & JAPAN 900 band
[Bit_50] WCDMA Band IX – JAPAN 1700 band
[Bit_60] Reserved for BC10-1700 band class

RF NV Item Managerに戻って、先ほどコピーしたテキストボックスをマウスで右クリックして、新しい値を貼り付けて[Write NV]ボタンを押す。 キーボードショートカットは効かないみたいなので注意。

さて、これやったらもう戻れないか・・・。 最後に端末に書き込んで終了だ。 ドキドキするね。 コマンドは[File]-[Write Changed NV Item To Phone]です。

9RFNVManager1877write2Phone

押しても反応が何も無いので怖くなるけど、[File]-[Read From Phone]して[1877]を確認してみよう。 無事に書き込んだ通りであればOKだ。

LTEのプラスエリア化

QXDM Professionalを起動して、[Options]-[Comunications]でQPSTの時と同じCOMポートに電話があるので、[Target Port]で同じCOMポートを選択する。

10QXDMportSetting

次に[View]-[New]-[Common]-[NV Browser]を選択し、[Category Filter]を[LTE]にして、[ID]が[06828]の[LTE_BC_CONFIG]をクリックし、[Read]ボタンを押すと[Fields]欄の上段に値が入るので、[Input]の値をコピペする。

12QXDMNvBLTEread

コピペした値はメモ帳に貼って取っておく。 元々の数字はコレ。

旧:2061584302149

このコピペした値を2進数に変換する。

‭00011110000000000000000000000000000001000101‬

長ぇ(笑

これは44ビットで各ビットがBANDに対応しているので、桁をわかりやすく10ずつ区切って並べてみるとこうなる。

00011 1100000000 0000000000 0000000000 001000101‬
43210 9876543210 9876543210 9876543210 987654321
40~ 30~ 20~ 10~ 1~

数字は右から左にかけて44ビットだ。 つまり、基本の設定では下記のLTE帯域に対応していることになる。

  • 1,3,7,38~41

XiaomiのWebで見ると、正にどんぴしゃ!!!

xiaomi-mi.com_MaxSpec

と言うことで、LTEもプラスエリア化させるためには、下記を追加する必要がある。

  • 19,21

海外でも使いたいから下記も追加する。 使えるかは不明だけど、XDA Forumで帯域追加のサンプルとして出ていたものも片っ端から追加した。 ちゃんと動くかは知らぬ。

  • 2,4,5,8,12,13,14,17,18,20,29,31,32

ついでに最新規格の下記も入れとくか(笑

  • 28

と言うことで、ハードが対応しているかとかを構わず盛り込むとこうなる。

‭00011 1100000110 1100000011 1110011100 011011111‬‬
43210 9876543210 9876543210 9876543210 987654321

10進数にするとこうだ。

新:2065210226911

だけど、電卓アプリからコピペして書き戻そうとしても[Bad Value Discarded]になるので、何がまずいのかを調べていくと、電卓アプリでコピペした値の前後には何か文字コードが付加されているらしい。 メモ帳に貼り付けても何も表示されないのだけれど、Terapadに貼り付けると[?]が前後にくっついていた。 これが原因かよー。

無事に入力できたら、[Write]ボタンを押して終わり。 念のため[Read]ボタンを押して、ちゃんと書き込まれた値通りなら問題なし。

13QXDMNvBLTEwrite

DIAGモードの終了

ここまでやれば、あとはDIAGモードを終了させてOK。 電話アプリで下記をダイヤルすると、DIAGモードが終了する。

*#*#717717#*#*

ここでいったん、端末を再起動させる。

無線バンドの変更

端末を再起動したら、電話アプリで下記をダイヤル。

*#*#4636#*#*

テスト中という画面になるので、携帯電話情報をタッチ。

14テスト中画面

画面下部の[More]をタッチする。

15More

無線バンドの選択ができる。

16無線バンド選択

JAPAN BANDが選べまーす! やりましたー!

17JAPANBAND

まとめ

  • QXDMさえあればQPSTとかNV managerとか使わなくてもできそうだけどやってない。
  • LTEのバンドを19とか21だけにして、3Gをオフにして通信ができればLTEプラスエリア化の検証と、端末が対応しているかってことも検証できそう。

でも、検証もなにも、この作業の数時間後に壊れてしまうという事態が・・・。 まじかー!!! それも、物理的な破損もあって、電源挿そうがボタンを押そうが、まったく何も反応しない完・全・終・了!!!!

質問とかされても、動かないので試せないから返答できません。 あしからずご了承ください(涙

2016/10/29追記

どうしても検証したくて、国際版を2台買って試してみた。 まず、QXDMで[1877]の値を読むと下記の通り。

562950035735427

プラスエリア化後はこうなってる。

1154891829693907847

と言うことで、単純にプラスエリア化をやるだけなら、QXDM Professionalで下記2つの値を書き換えれば良いと言うことになる。

[01877:RF_Band_Configuration]-[1154891829693907847]
[06828:LTE_BC_CONFIG]-[2065210226911]

検証用に買ったInternational版だと、無線バンド選択のメニューが出てこないな。 なんでだろう。 それにしても、Mi Maxってやっぱ良いわ。 あとはプラスエリア化をした端末と、してない端末とで、ビル中とか山奥に行って試してみるだけだな。

参考サイト(皆様ありがとうございます)

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

『Xiaomi Mi MaxをRoot化せずに3GもLTEもプラスエリアに対応させる』へのコメント

  1. 名前:なかやん 投稿日:2016/12/04(日) 22:38:31 ID:1b71b087a

    初期化(工場出荷時に戻す)は大丈夫でした。
    OSアップデートは、この機種では試していません。
    たぶんダメだと思います。

  2. 名前:濱田 投稿日:2016/12/03(土) 21:12:48 ID:77ffd7947

    初歩的な質問ですが、アップデートや初期化後をすればこの作業をやり直し、などはなりませんでしょうか?

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove