主要な装備(このオートバイを運転するために必要な知識)

原文 目次 トップ
WARNING
運行前点検を行わない場合、身体に重大な傷害を及ぼす、あるいはオートバイを損壊する可能性があります。

ブレーキ

前輪ブレーキ

ブレーキは安全のため、常に適切に調整された状態で維持しなければなりません。 ブレーキレバーを握って、実際にブレーキが効き始めるまでの余裕を遊びと呼び、ブレーキレバーの先端で測定します。 遊びは下記の範囲に維持してください。

  • 20 ~ 30 ミリメートル ( 4分の3 ~ 4分の1 インチ )

微調整は、ブレーキレバーのブレーキケーブルアジャスタ②で行えます。

  1. ロックナット①を緩めて、アジャスタ②を回して調整します。 調整後はロックナット①を締め、遊び量をチェックしてください。
  2. ブレーキワイヤの長さが十分でなかったり、遊び調整ができない場合は、ロックナット①を緩めてアジャスタ②を完全にねじ込んでください。 その後、ロックナット①を締めてください。
  3. 車輪側は、ロックナット④を緩め、アジャスタナット③を回して調整してください。 調整後はロックナット④を締め、遊び量をチェックしてください。
NOTE
もし、上記の方法で調整を行っても、適切な遊び量が確保できない場合は、お近くのホンダのディーラーへお問い合わせください。

その他のチェック:

ブレーキケーブルに「ねじれ」や「よじれ」が無いか、滑らかに動作するか、その他の不具合が無いかをチェックし、錆や腐食からブレーキワイヤを守るため、市販の作動油を注油してください。


後輪ブレーキ

リアサスペンション

クラッチ

燃料

エンジンオイル

タイヤ

原文 目次 トップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました