Kusanagiでwww無しドメインのSSL自動更新ができなかったのはDNS設定だった件

以前は自分でNginxをチューニングして作っていたけど、SSLの更新やらなにやらのたんびに設定とか思い出すのが面倒で、今はKusanagiのお世話になっている。

で、だ。

SSLの更新をしようとすると、設定していないwwwが無いってんでエラーになって、SSLの更新ができない事象が起きた。

ひとしきり悩んで、DNS設定だと気づいて解決したのでメモ。

SSLの更新とか面倒だよねー。

2年に1回とかだと、ほんと忘れちゃう。

それが面倒になってKusanagiにしたのに、またもやSSL更新で引っかかるとは。

エラーはwwwがねえよ、って書いてある。

そりゃねえだろうさ。

設定してないもん。

と言うことで、Kusanagiの設定ファイルとか修正する方法など調べておったんだがね。

これやっちゃうと、バージョンアップとかでデグレする可能性があるじゃん。

それって、面倒臭いってのが理由でKusanagiに移ったのに本末転倒じゃん。

なんとか抜本解決したい。

ヒントはwww付きにアクセスできないぞ、ってエラーメッセージにあった。

なるほど

アクセスできるようにすれば良いのだな。

と思って設定ファイルを眺めると、www有りも無しもちゃんと設定されている。

でも、www付きでアクセスしようとするとエラーが表示されていた。

それもGoogle様の。

と言うことは、だ。

オレは独自ドメインをG-Suiteで運用してるので、そっちのエラー画面だってことだな。

確かに、アクセスの大半はそっちに向けている。

これだ。

DNS設定にwwwを追加してみた。

どうだ・・・

できたー!!!!!

なんだ、こんな簡単なことだったのか。

wwwをDNS設定に設定していなかったからエラーになってたと。

これで自動更新も有効になるな。

良かった良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました