【書評】ベイカー街の女たち ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿(角川文庫)

単調な滑り出しとは打って変わって、後半の盛り上がりは面白かった。

ホームズシリーズにありがちな、細かな情景描写や、ハドソン婦人やワトソン夫人、「あの女性」の物語が、最初は間延びして感じてちょっと苦痛だった。

だけど、幾重にも張られた伏線を丁寧に拾いながら、後半に向けて一気に盛り上がっていく。

ワトソンが記すホームズの物語と並行して進む、普段は物語の引き立て役の
ハドソン夫人やワトソン夫人、少年たちが、主人公として生き生きと活躍し、
ホームズ顔負けの推理とアクションをやってのけていく。

犯人との対峙、そして思ってもみなかった結末!

女性陣もやればできるじゃーん!って読んでて思ってしまうくらい、大活躍してて

素直に面白かった。

最後に一つ謎が残るけど、そのモヤモヤ感もまた楽し。

コメント

タイトルとURLをコピーしました