スポンサーリンク

【2022年1月】無償版Gsuiteがついに終わりを迎えるので、継続か乗り換えかを検討してみた

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ついに、この日が来てしまうのか。

このnakayan.jpは家族用の独自ドメインとして使ってるし、他にも独自ドメインで無償版Gsuite(G Suite legacy エディション)を何個か維持しているので、どうするか考えねば。

まずは家族用の独自ドメインから検討する。

なお、2022年1月末時点での検討だ。

各社のサービス更改によって、また考えることになるだろう。

スポンサーリンク

終わりの始まりは突然に

こうしたサービスの終わりの始まりは、いつだって突然だ。

気がついたのはGIGAZINEの記事。

ついに無償版G Suiteが廃止へ、2022年5月までに有料版へ移行しないと使用不能に
Gmailやカレンダー、ドキュメントなどで構成される企業・法人向けのスイート「Google Workspace」のうち、何度かのリニューアルの中でも残されてきた、一部機能を制限した無償版G Suiteが2022年7月1日をもって完全に終了することがわかりました。

まぁ、これだけのサービスを長年無償で利用させてもらっていたのだから、感謝こそすれ恨みなど無いのだがな。

ただね。

ガンガン活用していただけに、複数メアドとか使いまくってるのよ。

それを全部支払うことになると痛すぎる。

毎月1万円くらいの支払いになってしまう。

それはさすがに無理だろ。

じゃぁどうすんだってことだな。

無償版Gsuiteが有償化すると何が変わるのか

大雑把に言えば2点。

  • 料金が無料→月額680円/アカウント
  • ストレージ容量が15GB→30GB/アカウント(メールやPhoto、Driveで共通利用できる保存領域)

となる。

詳しくは下記の比較リンクを参照されたし。

比較先は、多くの場合はStarterエディションではなかろうか。

G Suite legacy free edition - Google Workspace Admin Help
Prior to December 6, 2012, Google offered a free edition of GSuite—also known as the legacy free edition of Google Apps—that had a reduced set of business featu...

↓はログインしてないと見られないけど、Starterエディションとの比較になっている。

ログイン - Google アカウント

ちな、こんな画面が表示される。

我が家には、有料化と赤枠のストレージ容量が変わる。

まぁ、ユーザ数が300を超えてるような規模なら、影響は甚大だろうが年貢の納め時とはこのこと。

ちなみに、Businessファミリーの比較表はコレ↓。

Compare Google Workspace editions - Google Workspace Admin Help
Google Workspaceoffers subscription optionsfor individuals, small businesses, large organizations, and schools. Compare Business editions (1-300 users) To find ...

移行するなら、我が家はStarterエディションだ。

無償版Gsuiteの使い道は

移行を決める前に、とりあえず現状を確認してみよう。

メインはGmailだ。

昔に設定したままになってるけど、複数のメアドを使い分けてる。

ドメインも複数持っているけど、今回は触れない。

Webは他でホスティングしているから無問題。

Google Driveは100GB(年額2,500円)を支払っていて、8割方使ってる。

大半がDriveで使ってるんだな。

後はAndroid端末へのログインにも使っていたので、端末のバックアップ、設定はもちろん、ロケーション履歴、ヘルスケアデータ、いろいろなデータが保存されている。

YouTube動画もあるな。

そう言えば、データの移行は過去に記事も書いている。

しかし、だ。

基本はバックアップが目的の機能なので、全てを別アカウントに完全に移行するのは無理だ。

継続するか、一部のデータは移行できないことを覚悟して移るか、だ。

無償版Gsuiteの不満点は一つだけ

あった。

ファミリーグループを構成できないこと。

YouTubeプレミアムの個人用メンバーシップを購入していて、これが月額 1,180円。

ところが、6ユーザまで登録できるファミリープランってのもあって、月額1,780円だ。

YouTubeは勉強動画も豊富で、家族でかなり見てる。

でも、Gsuiteのアカウントでは登録できない。

このくらいかな、不満点は。

あとは満足してる。

Google以外の選択肢は?

移行するとなると、真っ先に浮かぶのがMicrosoft。

なぜならば。

有名😆

それだけじゃない。

オレはMicrosoft 365 Personalを契約している。

年額12,984円で、持ってるPCやタブレット、スマホに全部インストールできる。

同時にサインインできるのは5台までだけど、家庭で使うなら充分だ。

このサブスクリプションには、通常のOfficeスイートに加えて2つのオマケがつく。

  • 1TBのOneDrive容量
  • Skypeの全世界60分通話

Skypeはぶっちゃけ全然使ってない。

海外旅行とかしていたときには、日本国内から海外に予約とか問い合わせとかで使っていた。

でもね。

今はコロナだしね。

後、ストレージをGoogleでも契約してるのは、見直しても良さそうだ。

Microsoft 365 の一般法人向けプランはどうだ

Microsoft 365 Business Basicというのが月額540円。

Microsoft 365 Business Basic の購入 | 中小企業向け
中小企業向け Microsoft 365 Business Basic を購入してください。Exchange メール、OneDrive クラウド ストレージ、SharePoint、Teams などが含まれ、チームでのコラボレーションや安全なリモート作業を実現します。

WordとPowerPointとExcelが使えればオレは満足。

あと独自ドメインと、Webメール、クラウドストレージ。

これで良いじゃん。

とか思ったら、WindowsアプリではなくWeb版。

だいたいの機能はアプリと互換性があるけど、フォームとか作り込んだものは動かない。

マジか。

安いのには理由があるのだな。

Microsoft 365 Apps for businessってのがアプリも使えるけど、独自ドメインがダメ。

Microsoft 365 Apps for business
Microsoft 365 Apps for business では、ファイルの保存と共有、複数デバイスでのアプリへのアクセス、アプリの自動更新による新機能で、ビジネスを管理できます。

あぁ。。。

AmazonのAPIを叩いたりするExcelを使っているので、動かないのは困る。

置き換えは叶わず。

他のSOHO向け的なものは

ない。

正確には、我が家に適したものは無い。

ただし。

現時点では、だ。

Googleの発表があったのは1月19日。

今ごろ皆、「世界的ですもんね。乗るしかない、このビッグウェーブに」って社内で盛り上がってるはず。

と言うことで結論。

結論・・・当面は様子見だが整理整頓は進めよう

となる。

発表されたばかりで、まだ競合は商品開発に邁進してる状況だろう。

Microsoftのような大手が取りこぼす、SOHO向けだったり個人事業主向けのサービスが出てくることを期待。

それに向けて、今の契約をコンパクトに整理して準備を進めよう。

それは後日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました