スポンサーリンク

陽性者じゃなくてフェアリーって呼ぶ感性がステキだと感心した話

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

オレは今日、寝不足だ。

それは、ウチの子が未明に起きてゲホゴホやっていたからだ。

眠りの浅いオレは、ちょっとした物音でも目が覚める。

オレ大丈夫、そう言って彼はまた、寝た。

結局、大丈夫じゃなかったんだが。

その朝、彼はなかなか起きてこない。

「頭が痛い」

とのたまう。

マジか。 熱を計ってみろ。

「37.3℃ある」

「痰も絡む」

「喉も痛い」

それコンボじゃん・・・。

今時の発熱外来は事前予約が必須なので、病院に連絡を取る。

その合間に彼は言う。

「おれフェアリーかもしれないのかよー!」

フェアリー?

何を言ってるのだ君は。

聞けば、仲間内では陽性者と妖精を引っかけて、フェアリーと呼ぶのだそうだ。

学校の仲間達にも連絡をしながら、彼は会話やチャットの中でフェアリーを連呼している。

そして、陽性者とか濃厚接触者とかって言葉の響きよりも、フェアリーという言葉の優しさを気に入って、オレも言う。

フェアリーだったらヤバいから、すぐ病院にいきなさい!と。

仲良しの友達もフェアリーだってわかったんでしょ?と。

なんかさ、陽性者とか、濃厚接触者って言うとさ、まるで犯罪者みたいじゃん。

実際、そういう扱いもされちゃう人もいるでしょ。

そこで、フェアリー。

そんなあなたに、フェアリー。

優しいよ。

後ろめたさが大分やわらぐ。

子供達、いや、高校生を子供呼ばわりするのもなんだけども。

彼ら、彼女らは、大人と違う感性で、コロナを受け入れてる。

病院は混雑していて、PCRの結果がわかるのは明日だ。

検査を待っている間も、検査待ちの車が列を伸ばしていく。

忙しそうに車の間を駆け回る病院スタッフ。

その合間に引っ切りなしに救急車もやってくる。

普段だったら待ち時間にイラつくところだが、今日は感謝しかない。

あの忙しさを見たら、何も言えない。

それに、今日は少しステキな気持ちになれた。

そう。 フェアリー。

その感性が、今日という日を豊かなものにしてくれた。

ウチのフェアリー候補生が贈ってくれた、優しい言葉のお陰だ。

結果が陰性だったら良いんだけどな。

ま、なるようにしかならないからね。

おやすみ。

コメント

  1. […] 陽性者じゃなくてフェアリーって呼ぶ感性がステキだと感心した話オレは今日、寝不足だ。それは、ウチの子が未明に起きてゲホゴホやっていたからだ。眠りの浅いオレは、ちょっとし […]

タイトルとURLをコピーしました