ガラケーを乗り換えた(2回線目)

自分のガラケーをauからソフトバンクに乗り換えたけど、追加でもう1回線、家族分も乗り換えたのでメモ。

オレの時は端末代金が1万5千円だったけど、今回は1万円の機種だった。 この端末代金を支払えば、月額159円で24時間通話し放題というプランってのは同じ。 なお、執筆時点で端末代金1万円で、5分以内の通話し放題で月額2円という驚愕のプランが出ている。

今回も通販対応のケータイ乗り換えさんで、プランはソフトバンクのガラケーのりかえ割、3年縛りなので、初期コストを含めた36ヶ月の総額から月額費用を計算する。

  • 端末代金 10,000円(401PM初期一括)

初月だけで解約可能なオプションがいくつかつくので、それも。

  • Sベーシックパック 324円
  • データ定額パックS 401円
  • スマートサポート 980円

合計で1,705円。 通話定額基本料が1,480円なので、36ヶ月分。

  • 通話定額基本料 53,280円

最後に月々割が2ヶ月目から1,320円引かれるので、35ヶ月分。

  • 月々割 ▲46,200円

ソフトバンク側で発生する費用は、3年間の合計で下記となる。

10,000 + 1,705 + 53,280 – 46,200 = 18,785円

これにauの契約解除に必要な金額を加算する。 今回も解除月ではなかったけど、11年以上の長期ユーザだったので安く乗り換えられた。

  • 契約解除料 3,240円(解除月なら無料、利用期間が11年未満の場合は10,260円)
  • MNP転出料 3,240円

ソフトバンクの3年間の利用料と、auの解約費用の総合計はこうだ。

18,785 + 3,240 + 3,240 = 25,265円

36ヶ月で割ると701.805円、これにユニバーサルサービス料が3円かかり、約705円/月となる。

要注意なのは、今回はau仕様のiPhone6plusをそのまま利用するつもりだったんだけど、SIMロックを解除してくれるのは6s以降じゃないと対象にならないという罠が待ち構えていたことだ。

まず、SIMロックを解除せずにau仕様のiPhone6plusを使える格安SIMは契約時点では2つしかなくて、一つはmineo、もう一つはUQmobile。 この、どちらかから選ぶことになる。

どちらも違いはほぼ無いんで悩んだけれど、最終的にUQmobileに決定。 あまり価値は無いけどwi2 300も無料でついてるし。

※違いは大ありで、後日mineoに変更した。 UQmobileはデータ通信は招かざる客のようで、3GB以上のデータ容量プランが無いという変態ラインナップだった。 こりゃダメだ。

このUQmobileの格安SIMで、SMS機能付き+3GB/月で980円、合計1,685円で24時間通話し放題ガラケーと、3GBのLTE通信が今まで通り使える環境が揃ったことになる。

最初のうちこそ2台持ちに戸惑ったようだけど、すぐに慣れたら使い勝手は好評だ。 ガラケーはやっぱり話しやすいし、iPhoneはそのうちタブレットに変えようかな?なんて言い始めてる。

そう、この自由度の高さが素晴らしいんだよね。

と言うことで、オレの利用料が1,884円、2回線目が1,685円、しめて3,569円。 前の1台分の半額近い金額で、2人分の通信回線が賄えることになった。 毎月1台に6千円以上も支払っていたって、どんだけ無駄な金を使っていたのか。

さようなら、au。 よろしくね、ソフトバンク。

家族用はあと2回線あるけど、これはもう少し考えてみよう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove