楽天モバイルUN-LIMITはHUAWEI P20でデータも通話も使えたけど課題も多いよ報告

この記事は約7分で読めます。

公式に認定された端末ではないものの、HUAWEI P20で使えるのかを試したくて楽天モバイルUN-LIMITを申し込んだ。

結果、使えるが決してメイン回線にはしてはいけないことが判明。

楽天モバイルが始めたUN-LINMITは、最初の1年は利用料が無料ということで大きな評判になっている。

夜に飲み歩くことも無くなって時間があるので、興味本位で試してみることにした。 使えなくても1年間は無料なので、いろいろ試して人柱的に遊んでみようと思った次第。

申込から到着まで

4月の中旬に申し込んで、申込完了から届くまで3日だ。

ネットを見てると届かないという人もいるみたいだが、我が家には全く問題無く、むしろ他の格安SIMよりもよっぽど早い到着だった。

A4がすっぽり入るサイズの厚紙封筒で届き、中にSIMカードと簡単な取説が入っていた。

取説は楽天色、楽天レッド!

SIMカードは目立つ赤色。 良いねぇ。 燃え立つねぇ。

データはすぐ使えるが通話が問題

届いたSIMカードは、そのままでは使うことができない。

他の格安SIMでもAPNの設定とかが必要になるけれど、楽天モバイルも同様なうえに、さらに通話にはもう一手間が必要になる。

データ通信はAPN設定すれば使えるようになる

まず、SIMを挿しただけではAPN設定がされていないのでデータも通話も使えない。

なので、まずは他社同様にAPN設定が必要なんだが、設定項目は一つだけで超簡単。

APN : rakuten.jp

これだけだ。 これだけを設定したAPNを作って、それを指定するだけでデータ通信が可能になる。

データ通信はこんなに楽なんだが、通話はかなり面倒なことになった。

通話にはアプリ経由でアクティベーション(有効化)が必要

オレはMNPではないので070から始まる新規番号が振られたんだが、届いたSIMカードをP20に挿しても電話番号が書き込まれていない。

通話するためにはRakuten Linkアプリを使って、自分の電話番号でSMSを受信する必要があるんだが、これがくせ者だった。

Rakuten Link - Google Play のアプリ
<<本アプリは、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」ご契約者を対象に通話・メッセージが無料で利用可能なスーパーアプリケーションです>> Rakuten Linkの基本機能 ■無料通話・無料メッセージ 対象の契約者は、Rakuten Link(楽天LINK)を使えば楽天モバイルはもちろん、他の携帯電話会...

地図上で楽天自社回線のエリアであっても、SMSが届かないのだ。

P20でアクティベーションするには

地図上で楽天自社回線(BAND3)となっているエリアであっても、P20はパートナー回線であるau回線(BAND18)しか掴んでくれない問題。

BAND3でないとSMSが届かないのに。

どうしたら良いのか。

電波状況を測定するアプリが必須

どの電波を受信しているかは、アプリを使えば調べることができる。

無料でも充分に使えるのがコレ。

Network Cell Info Lite - Mobile & WiFi Signal - Apps on Google Play
⚠️NEW Internet Speed Test in BETA. How fast is your internet? You can now check the download, upload, ping and jitter performance of your mobile/WiFi connection...

これを使うと、いま端末がどの電波を掴んでいるかがわかるので、BAND3を掴める場所を効率よく探すことができる。

ます、楽天自社回線となっているエリアで調べてみる。

すると、BAND18を掴んでいるのが一発でわかるね。

では、どこならBAND3を掴めるんだと、楽天自社回線となっているエリアをあちこちドライブしてみたら、神奈川エリアは全滅だ。

どうなっている?

神奈川県民は多摩川を渡らないとダメ

もしやP20はBAND3を受信できない?

そんな疑念を抱きつつ多摩川を渡ったら・・・

すぐにBAND3を掴んでくれた!

この状態だとSMSもちゃんと届くんだが、楽天自社回線といっても段階があるってことだ。

少なくとも国道246付近を走行している限りでは、多摩川を渡るまではBAND3を掴むことはなかった。

SMSが届くようになると、Rakuten Linkアプリで電話番号のアクティベーションが可能になるんだが、実際にこれをP20でメイン回線で使うには大いに不安が残る。

楽天LINKでアクティベーション

何はともあれ、Rakuten Linkアプリをダウンロードしないと始まらない。

ダウンロードして、まず楽天IDでログインし、自分の電話番号を設定する。

ここで「送信する」ボタンを押すとSMSが送られるって訳だが、神奈川県民は多摩川を渡ってやってくれい。

「送信する」ボタンを押すと6つの空き枠が表示されて、SMSが届くと自動で数字が入って認証される。

ちょっと前までは自分の電話番号の下6桁を入れれば良かったらしいが、アプリのバージョンアップで塞がれた。

と言うことで、いまは実際にSMSを受信しないとアクティベーションはできなくなっている。

結論:使いようによってはサブ回線として使えなくも無いレベル

こうして何とかP20でも開通したんだが、さすがにこの状態だとメイン回線にするには問題が多い。

これは、対応製品を使っていたとしても、だ。

P20はSIMカードが2枚入るDSDS端末なんだが、そのサブ回線として使うにしても課題が多い。

通話はかけ放題の発信専用と割り切って使う

電話番号のアクティベーションが都内に行かないとできないけど、まぁ通勤とかあるからオレは困らない。

ただ、東京、大阪、名古屋の近郊でなければ、決してオススメしない。

例えば、何故か最初の開通がうまくいかないことがあり、数分してから試すとRakuten Linkアプリが最初の登録画面に戻ってしまうこともあったが、首都圏在住なら何とかなるだろう。

また、SIMカードを外しても再アクティベーションが必要になるので、SIMマニアな人は要注意だ。

海外旅行で現地SIMを使ったら、帰国して再アクティベーションが必要になるとかね。

さらに、アクティベーションができても、BAND3が受信できないとSMSは届かないし、一部の携帯&IP電話を除いて着信もこない。

切れてから不在通知がくるという有様だ。

なので、発信専用として使うなら長電話しても気にならないし、使えなくなっても何とかなるので良いだろう。

データはBAND3なら爆速だしBAND18でも5GBまで高速

都内でBAND3を掴むと、かなり速いのでビックリする。

パートナー回線(au)エリアだと20Mbpsくらい、パートナー回線で5GBを超過しても1Gbpsが出る。

いきなり128kbpsとかならないので、そこはとても助かっている。

オレは普段のデータは楽天モバイルにしておいて、5GBを使い切ったらメイン回線(docomo系MVNO)に切り替える運用だ。 日中は都内にいるので楽天自社回線で使い放題、それ以外の時だけパートナー回線なので、5GBでも充分にやっていけてる。

ちなみに、これで我が家はメイン回線のdocomo系MVNO、PocketWi-Fiのソフトバンク系MVNO、楽天自社回線+パートナー回線(au)という構成になって、全キャリアをまたいだ冗長構成で耐障害性とかエリアカバーでも安心さ!!

サポートは期待しちゃいけない

ぶっちゃけ、サポートは相当に混乱している。

現場の疲弊もかなりあるんじゃないだろうかと心配になるが、ユーザーとしては辛口な評価を付けざるを得ない。

電話サポートもやっと始まったが中々繋がらないし、チャットサポートに至っては質問してから2~3日経っても返事が来ないという惨状だ。

これは酷い。

対応製品を買ったとしても、何か困ったときに絶対に助けてもらえないって思ってしまう。

連絡しても返事が無いんだから。

時が解決してくれる問題と思いたいが、少なくとも今はその時期じゃない。

今後に大いに期待したい

今とびつくのは人柱となる覚悟が必要だけど、今後のエリア拡充やサポートが安定運用してくれば、メイン回線としたいくらいの魅力的な料金プラン。

楽天経済圏に取り込まれているオレとしては、今後の拡充に大いに期待している。

1年間で達成できるかな。

それまでは、発信専用のかけ放題回線&追加データ容量という位置づけで使わせてもらうよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました