またもやESETが悪さをする

愛用のFirefoxブラウザが、多くのWebに「不正な証明書だ」とメッセージを出して接続できなくなり、アドオンの更新さえもできなくなってしまった。

それも突然。

その原因はセキュリティソフトのESETのせいだった。

なんなんだ、本当にこの駄目ソフトは。

回避策はこうだ。

原因は、minecraftができない場合と同じ、HTTPのプロトコルフィルタリング。

ThreatSense.Net(早期警告システム)の検査技術を駆使して云々かんぬん書いてあるけど、早期警告どころか迷惑機能じゃないか。

治し方もminecraftの時のJAVAと一緒。

  • タスクトレイアイコンを右クリック
  • Webとメールを開く
  • プロトコルフィルタリングを開く
  • 対象外のアプリケーションを選択
  • Firefoxのアイコンがあるのでチェック

これで治る。

便利な機能なのかもしれないが、有名ブラウザが機能しなくさせるとかどういうことだろう?

おまけにすぐに修正されないんだから、ウイルスへの対応だって同じじゃないかと思われちゃうだろうに。

このソフトは買わない方が良いかもね。

他のソフトではこうしたことは起こるのかな??