秋春冬キャンプのテント暖房を考える

スポンサーリンク

シェアする

先日、初めて子供と秋キャンプに行ってきた。

個人的には雪山だって登ってきたワンゲラーではあるんだけど、ファミリーキャンプで5度を下回るような環境でテント泊したのは初めて。

そしたらね、コレが意外と悪くないんだ。

もちろん寒いよ。 息だって真っ白になるくらいに寒い。 でも、2ルームテントの前室で火を焚きながらだと、思いの外、暖かくて快適。

透き通った空気、澄み渡った空、満天の星空、どれもが真夏の暑いキャンプとは全く違う世界。

蟻も蚊も蛾もいない、蚊取り線香も虫除けも必要ない。

夏の暑さからは逃げられないけど、寒いのは服を着たり、暖房や焚き火、装備を工夫することで快適に過ごすことができる。

と言うことで、雪は嫌いなので雪中キャンプはたぶんやらないんだろうけど、寒い時期でもキャンプできる装備を揃えることにした。

快適装備ということで、断熱と暖房の両面から悩んだ軌跡をメモしておく。

※追記  ちなみに、現時点での最新状況はコレ↓

まず、断熱ということだと、テント、マット、寝袋。 このうち、テントは新しくしたから、マットや寝袋についてはファミリーキャンプなので大きさ度外視で使い勝手と性能、価格で考えてみたい。

まずマット。

  • エアキャップ(いわゆるプチプチ
    安いしそれなりに暖かいけど、繰り返し使うには耐久性が無いから結局は高くつくし、非常手段でしょコレ(笑。 はい却下。

  • ニトリの折りたたみマットレス
    これなら普段から使えるかなーと思ったけど、ちょっとサイズが大きいし、結露とか考えるとカビそうで怖いのでやめたけど、こたつ用の敷布団がフワフワで気持ちよかったので追加購入した。 ネットで探しても無いみたいなので、店舗で確認するといいと思う。 ついでに毛布も安いのに暖かくて満足。 さすがニトリ。
  • 厚手の銀マット
    断然安いけど、断熱に関しては所詮は銀マット。 厚みは凸凹への快適さだけなので却下。

  • 勝手に膨らむインフレータブルマット
    学生時代に使ったことがあって、高いけど寝心地も断熱も良かった。 大手メーカも出していて、個人用サイズならAmazonで3,000円程度からあるけど、テントに敷き詰めるって用途だと流石のお値段になるので今回は見送り。

  • EVAフォーム等の高性能マット
    似たような製品を学生時代にも使ったことがあって、軽くて暖かい印象。 Amazonだと2,000円くらいからあるし、テントに敷き詰めるサイズでも3,000円程度とコスパも良いのでテントマットはこれに決定!

と言うことであれこれ調べて、CAPTAIN STAG EVAフォームマット(ダブル)にした。

2枚でテント内に敷き詰められる大きさで、軽くて滑りにくく、畳むことを考えて作られているのでコンパクトに収納しやすく、とても暖かい。 銀マットなんて目じゃない暖かさ。 これは良いね。 買って良かった。

さぁ、じゃ次は寝袋だ。

寝袋は金をかけた分だけ小型で高性能になるけど、そんな山岳用みたいな物は狙っていないので、温度帯と使い勝手で選ぶ。 雪中キャンプはやらない&暖房もちゃんと考える前提で、0℃くらいまで耐えられれば良し、子供と一緒だから封筒型で連結可能という仕様で探してみた。

色々見ていると、LOGOSの寝袋が丸洗いもできて連結も可能、収納袋にメッシュ部があって収納がしやすそうで、5千円くらいで0℃帯に対応しているという、実にベストマッチ製品であることを発見。

これだ。 これにしよう。

よし、次は暖房。 これは深いぞ。

テントの中の暖房って、電源付サイトだとホットカーペットや布団乾燥機なんかが一般的なようだね。 でも、キャンプ場の選択肢が著しく狭くなるのが難点。 できれば電源無しで楽しめるようにしたい。

可搬用にしたバッテリ(サブバッテリって言うみたい)+電気毛布だと、電源容量から計算すると、家族4人で1泊ってところが精々なところっぽい。 ただ、バッテリがあれば夏場は扇風機が使えるよね。 これは検討に値する! 暖房では使わないけど、夏場の扇風機用に引き続き考えていこう。

電気系での暖房が却下となると、服を着込んだり、ホカロンや湯たんぽ、高性能な寝袋で我慢するか、薪や石油、ガス等の火器で暖を取るか、になる。

その場合、密閉空間では絶対に使わないという常識は無論のこと、一酸化炭素警報機は必須だね。 一酸化炭素中毒は死亡率も高いし、生還できたとしても重度の障害が残ってしまう可能性の高い、非常に危険な中毒症状だからだ。

Amazonとかで3千円程度なので、これで命を救えるなら安い物だから、最低でも2個は買っておこう。 たとえ1個が壊れていても、もう1個で命が救われる。

さて、ではまず、男ならワクワク感が抑えきれない薪ストーブはどうだろう?

主たる燃料は薪だけど、木材を粉砕したペレットという燃料を使ったもの等、これもかなり種類がある。

調べていくと、ロケットストーブとか面白そうなものがわんさか出てきて超絶萌える。 コレ欲しい。 作りたい。 楽しそう!

んが、まてまて、冷静になろうよ、オレ。

既製品で考えると、安い時計型ってのも良いけど、足が短いし煙突の処理が面倒臭そう。 熱量としては非常に温かいそうだが、一晩中(もちろん換気してだけど)は火が持たない。

これじゃダメだ。

オレが求めるのは快適なテント空間であって、厚着して分厚いマットと寝袋で寝るなんて修行僧みたいなことは却下だ。

と言うことで、薪ストーブはロマンだったけど却下。

※男のロマンに抗えず薪ストーブを発注!!!(2015年2月15日) 石油ストーブで終夜暖房を、薪ストーブでロマンを!

残るはガスか石油ストーブ。

カセットガスを使う暖房器具は、イワタニを始めとして数種類あったけど、いかんせん高い。 こんなんで1万とか2万とかアホちゃうか。 おまけにコレらも使用時間はせいぜい数時間が限度で、オレの求める一晩中って要件にはとても満たない。

となると、実用性を考えると石油か。 電源が無くても動くのは、対流式か反射式。 いわゆる、昔ながらの石油ストーブ。

反射型は対流型よりも非効率なんて意見もあったけど、意味がわからない。 反射板の有無以外に、燃焼系の構造に違いは無いじゃん。 むしろ背面側に熱が出ないから、レイアウトの自由度が増すでしょ、これは。

と言うことで、トヨトミのダブルクリーンの小型モデル、RC-S28Eを購入。 連続使用時間も10時間以上と、一晩ぶっ通しで使っても大丈夫! ちなみに、家電量販店で1万5千円也。

で、買ったら即キャンプだよね、ってことでおニューのテントと共にフィールドデビュー。

テントのシェルター部分に設置して、換気に気をつけながら使ってみる。 暖房の真上に一酸化炭素警報機をぶら下げても、全然反応しない。 試しに炭火に近付けると数値はぐんぐん上がるので、キチンと動作しているのは間違いない。
全ての換気口を閉じて2時間くらい放置しても数値は上がらないのだが、何かあったら怖いので後方上側の換気口だけは開けておくことにした。

シェルター内ストーブ

対流式だとどうしても熱気が上方に籠もるので、乾電池式の扇風機を回して空気を循環させる。 風量は弱いけど、シェルター内の空気をかき回すくらいはできているのかな。 また、RC-S28の上で煮込み料理も作ってみたけど、こりゃ便利だね。 今回はおでんを作っちゃった。 ちなみに、シャトルシェフで保温しておけば、いつでも熱々が食べられるから冬キャンプではとても便利だよ。

温度計

温度計では外気温10度でシェルター内は20度以上。 外は寒くても中は天国♪ さすがにマイナス3℃の時は中も10℃ちょいまで下がるけど、ストーブ近くは遠赤外線効果もあって快適だ。

念のために一酸化炭素警報機はストーブ近くのテーブル上と、枕元の2カ所に設置していたけれど、結局鳴ることは無かった。

これなら、冬でもかなり快適に過ごせるな。

※追記  ちなみに、マイナスでも快適な現時点での最新状況はコレ↓

スポンサーリンク
Sponsored Link

シェアする

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove