下の子の気持ち

この記事は約2分で読めます。
箱入り息子

週末は保育園の遠足でこどもの国へ。
天気もなんとか持ってくれて、子供達も右へ左へ走り回って時間を忘れて遊んでいた。 遊具の周りに敷き詰められたウッドチップのお陰で、多少転んだところで怪我もしない配慮が嬉しいね。 安心して子供を遊ばせることが出来るし、子供達も思いっきり走り回れる良い場所だ。
このこどもの国、元は帝国陸軍の弾薬製造・補給の拠点だったけど、天皇陛下のご成婚時に作られた基金をベースとして、子供達のための施設として整備されたという場所。 園内には当時の弾薬庫がそのまま残されていて、そのうち一部は現在も倉庫として利用されている。
戦うための施設から子供達のための施設へと、大きく生まれ変わった訳で、面白い生い立ちだね。 ついでに当時の地図があったので載せとこう。

帝国陸軍田奈弾薬庫補給廠

小学校に上がった上の子も一緒に大はしゃぎで遊び回ったが、下の子のメインイベントは別にある。
今までは保育園仲間と遊ぶとは言っても、それは上の子のクラスの仲間達ばっかりで、下の子のクラスの仲間達とは親交が薄かったんだけれども、上の子も卒業したことだし、そろそろ下の子にもクラスの仲間達と園外で遊ぶ機会を作ろうかってことで、近所のマンションの集会室で集まるというので、そこに一緒にお邪魔させて貰うことにしたんだが、これが下の子にとっては相当に嬉しかったらしい。
集まると言えば兄貴の友達ばかりだったのに、今日はボクが主役だよ!みたいな感じだろうか。
そんな下の子の気持ちを、思えば随分と長いことほったらかしにして来たんだなぁと、いつもは兄貴の友達に遠慮しているのに、それと違って積極的に遊び回っている彼の楽しそうな姿を見て、しばし反省。
また友達を呼んであげるからね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました