酒のアテに納豆の唐揚げを作ってみた

納豆の天ぷらという料理を見かけたら、これは!と思っていてもたってもいられなくなり、ちょうど冷蔵庫にあった納豆を使って唐揚げを作ってみたのでメモ。

いや、これマジで酒のアテに最高だわ。

用意したのは下記。

  • 納豆  好きなだけ
  • 唐揚げ粉  適量
  • 青のり  適量

作り方は至って簡単。

  • 納豆をよく水洗いして粘りを落とす
  • ビニール袋に唐揚げ粉と青のりを入れてよく混ぜる
  • そのビニール袋に水洗いした納豆を入れる
  • ビニール袋を膨らませた状態で口を閉じてしっかり振る
  • 唐揚げ粉に納豆が包まれたらボウルにあける
  • 180度の油で揚げる

上げる前の状態でこうだ。

この揚げ時間を、1分、1分半、2分の3通りで試してみた。 納豆は粒が細かいので、火の通りは早いね。

納豆の唐揚げ 仕上がり

左から、1分、1分半、2分だ。

食べてみると、 1分だとサクッとした食感に欠けるが、カントリーマアム的な食感で納豆の風味は強い。  2分だとサクッとしたスナック感が強まるが納豆の風味が減り、 1分半はその中間といった仕上がり。

個人的な好みは納豆の風味重視なので、1分~1分半の揚げ時間が良さそうだな。 ふんわり香る青海苔の風味も良い感じだ。

次回は粉末わさびを混ぜて試してみようかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました