グーグルTVとアップルTV

Apple TVはアップルのコンテンツ・ソフトウエア配信プラットフォーム「iTunes Store(アイチューンズストア)」からテレビ番組や映画をダウンロードして「テレビで楽しむ」という用途に限定しており、インターネット放送を重視する姿勢は示していない。あくまでアップルが用意したコンテンツを視聴するための専用ボックスという位置づけだ。

一方のGoogle TVは、グーグルの広告モデルをテレビ業界に当てはめようとするとともに、既存の商用放送を含む番組の視聴スタイルを変革しようとしている。テレビを知的なサービスに変えて、ユーザーに今まで以上に便利な環境を提供しようというのだ。

引用元: テレビに進出するグーグルがFCCに突き付けた意見書 :日本経済新聞.

TVの世界でも、(グーグル:アップル≒オープン:クローズ)の構図は変わらない。 だけど、オープンが常勝かと言えば全く違う。 それを使う人、使いたい人にどれだけ訴求できるか、それが勝負の鍵となる。 Androidのシェアは順調に拡大しているけど、その点でアップルは確実にリードしている。

それにしても、右クリック禁止とか日経も姑息だな。 ま、一手間余計にかかるだけなんだが。

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove