クレジットカードを考える

au WALLETクレジットカードしょっぱなからだいぶ嫌な思いをしたし、そろそろクレジットカードの見直しをしようと思っていたので、あれこれ調べて乗り換えることにした。

今までは漢方スタイルクラブカードをメインに使っていた。 メリットはコレ。

だけど、クレジットカードチャージでの還元率が2015年6月1日から0.25%になったし、かなりの金額を年間で使っているもののキャンペーンの当選確率が最大で6倍になる他は優遇も無く、ここらでメインのクレジットカードを乗り換えることにした。

クレジットカードはどれか一枚で全て賄えるというものでもないので、複数を組み合わせて下記のポイントを満たしたい。

  1. 東急線利用者なので、TOPカードPASMOオートチャージは必須。
    定期券の購入や、東急系列での買い物(東急ストアくらいだけど)で便利。
  2. 決済用の口座でよく使うのは三菱東京UFJ銀行
  3. よく使うOKストアで使えること
    基本はVISAだけど、アメリカンエクスプレスとダイナース、JCBも使えたり、店によって違いがあるみたい。
  4. できればコストコで使えると嬉しい
    今はアメリカンエクスプレスとオリコだけなんだけど、アメリカでは2016年4月からVISAとシティに変わるんだと。
  5. nanacoクレジットカードチャージができること
    クレジットチャージでポイントがつくカードは限られているので、これを必須にすると選択肢がだいぶ限られちゃうから必須にはしない。 クレジットカードの利用金額に上乗せできることだけを、チャージのメリットとして考えることにする。 ポイントがつけば良し、最悪つかなくても利用額に加算されれば良しってことで。
  6. ETCカードが無料で付帯すること。
  7. 家族カードは少なくともメインカードで1枚は必須。
  8. 旅行等で便利なこと
    安いツアーだと遅延もあるし空港ラウンジとか使えると便利。
    保険も付帯すると保険代が浮いてありがたい。
  9. ポイントはマイルに移行する
    ポイントでキャッシュバックするよりも、マイルを貯めて良い座席に乗る方がよっぽど還元率が高いし、そろそろ子供も手が離れてきたので自由に旅行もできるようになってきたということで。

で、悩んだカードはこれだ。

比較表までバッチリ作って大いに悩んだけれど、最終的にはMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに落ち着いた。 これにMUFGカード ゴールドプレステージをVISAで作れば、ほぼ全世界を網羅できることになる。

コンシェルジュとか優待をうまく使いこなせるように、このカードをしっかり使い倒していこう。

価格.comの比較リスト

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove