教育方針で揉めるの巻

まあ夫婦でずーっといれば喧嘩だってするんだけれど、昨日は子供に対する教育方針で一悶着有ったわけだ。

ママ: 習い事を何よりも優先させたい
パパ: イベント等が習い事に優先される

取り返しのつかない事ならいざ知らず、習い事如きにスケジュールを縛られるのなんてまっぴら御免だね!というパパの方針と、決められたことを粛々と続けることに重きを置くママの方針とが真っ向対決した訳だ。 まさに、夫婦の互いの性格をそのまんま反映した喧嘩だね。
何も母の日にやらなくても良いもんなんだけれども、「売られた喧嘩は買わねばならぬ」で延々と協議した。 頑張って続けることを重視するママの言うことも分かるし、だけどパパの価値観とは相容れない。 で、協議の結果はこうだ。

短期講習等の期間が限定されたものは最優先、それ以外の日々のものは優先度を下げる。

モノより思い出!な性格のパパだから、ずーっと続けてる習い事なんかよりも、お祭だとかなんちゃらフェアみたいなイベントだとか、その時にしか体験できないものを優先したいんだよね。 ま、落ち着くところに落ち着いたって感じなんだが、今後も教育方針では色々と揉めるんだろうけど、子供達のためを一番に考えてのことだから、あまり感情的になることなく互いの違いを認め合いながら行こうなーって思った夜だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました