OSMO ActionをポチったぜBABY!

アクションカムと言えばGoPro、ドローンと言えばDJI。 そのDJIがGoPro対抗馬となるアクションカムを出してきた、それがOSMO Actionだ。

防水コンデジとかも含めて選択肢が多い中、なぜOSMO Actionにしたのか。

ここに至るまでにだいぶ悩んだので、その軌跡をメモしとく(笑

動画を撮るなら

いや、スマホでも良い画が撮れるんだけどね。

でも、やっぱり別に持ちたいんだよね。

防水機能も欲しいし。

スマホのカメラは本当に性能が上がっているから、驚くほどに良い写真が撮れるようになっている。 手元にデジタル一眼もあるけど、オレ程度の使い方だと本当に出番が無い。

そもそも、子供達を写真に撮りたくて買ったけど、もう大きくなって写真を遠距離で撮ることも無くなってきたし、あの大きさを持ち歩いてまで撮りたいっていう熱意もなくてね。

防水コンデジもあったけど、これは奥さんが仕事で使うってことで接収された(笑

普通に日常の瞬間を切り取るだけならスマホで充分だったが、やっぱり別に持ちたいと強く思うようになった。

それは何故か。

もっと自由に動画を撮りたいという欲

コレね。 はやりのYouTuberじゃなくても、やっぱり動画で残したいことって一杯ある。 でも、スマホで動画を撮っていると色々と不便もあるわけだ。

特に、趣味のアウトドアではスマホの弱さが際立ってしまう。

防水性とか、携帯性とか、一番気になるのはスマホの堅牢性だね。 デジカメは壊れても諦めが付くが、スマホが壊れたら被害甚大だ。 2段階認証とか全部再登録するの?!アプリの設定は?!って感じ。

ただ、スマホの画質は着実に向上していて、今や安いコンデジ以上の画質と、画像処理によって本当に素晴らしい画が撮れることも事実。

じゃぁ綺麗な動画を撮るには、何がオレに最適なんだろう?。

綺麗な動画ならジンバルも

スマホ用の3軸ジンバルも持っていたんだが、動画を撮っている間はスマホが無いって、かなり不便なんだよね。

スマホとして使っているとジンバルが邪魔でしょうがない(笑

付けたり外したりしているうちに動画を撮るチャンスを逃してしまうし、それが面倒になって動画を撮らなくなってしまうという、 金かけたのに何なんだコレ?的な状況になってしまうんだ。

ただ、あの安定した画像は本当に驚きだ。 小さな子供がいる家庭なら、その可愛い姿を収めるために、かなり出番があるんじゃなかろうか。

だがしかし。

海外旅行の荷物に入れておいたら、ジンバルの可動部分が折れていた。

萎えるぜ・・・。

スマホは地図をみたり検索したりと、ずーっと使ってる

キャンプや旅行先とかだと、地図を見ながら歩いていたり、LINEがぽんぽん入ってきたり、いろいろ調べ物をしたりと、そういう時間がけっこう長い。

スマホっぽい使い方をしている時間が8割、動画を撮る、動画を撮ろうと構えている、そんな時間は2割くらいしかない。

8割の使い勝手を犠牲にして、残り2割の動画を撮るというのは、ちょっとオレ的には効率が悪すぎる。

つまるところ

動画や写真を少し切り取るだけなら良いけど、動画を撮ってる最中に着信やメッセージで割り込まれるのは結構なストレスだった。

動画を撮り続けている訳でもなく、スマホの合間に動画、という時間配分だと、動画を撮りやすくするためにはスマホ時間を犠牲にするしかなくて、スマホはスマホ、カメラはカメラ、そうあるべきなんだと実感したわけだ。

やりたいこと、それに必要なものは

と言うことで、オレが必要としている機能を書き出してみた。

  • 動画を撮りたい
  • スマホとは別に持ち歩きたい
  • コンパクト
  • 防水(ハウジングでも可)
  • 手ぶれ補正
  • どうせ買うならちゃんとしたモノ

この機能を満たしつつ、自分がどんな使い方をしたいのか、それでまた悩む訳だ。 使い道を考えると、下記あたりだろうか。

  • 防水コンパクトデジタルカメラ
  • アクションカム+防水ケース
  • 小型ジンバルカメラ+防水ケース

うーん、物欲の淵は深い。

防水コンパクトデジタルカメラ

シーンを選ばず使いたいなら、

驚いたことに、最近の防水コンデジはかなり値が下がってきている。

たとえばコレ。

Kenko デジタルカメラ DSC200WP 防塵・防水 IP58 2016万画素 光学4倍ズーム 1m耐衝撃 オレンジ 438589

防水防塵で、1万5千円以下とかすげぇ。 価格破壊もいいとこだ。

ただ、スマホとの連携とか、GPSとかはついてない。 そのあたりも加味して考えると、ちょっと値段が高くても上位機種が欲しくなってしまう。

前に使っていたモデルの後継機がコレ。 使い勝手も丈夫さも抜群。 3万円ちょいする。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 GR クールピクス カムフラージュ 防水

アクションカム

アクションカムと言えばGoPro。 執筆時点でHero7が最新だ。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ

参考動画がネットにあふれているが、手ぶれ補正が抜群に効く。 このままでも10m防水というのも素晴らしい。

ただ、熱暴走するだとか、自撮りがやりにくいだとか、そうした話も散見。

お値段も5万円弱と、ちょっと勇気のいる金額。

そこで、対抗馬となるのがOSMO Action。 ドローンで有名なDJIの製品で、ドローンで培った手ぶれ補正技術を惜しみなく投入した後発機。

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

後発機だけあって色々GoProを研究していて、防水性も同等以上、手ぶれ補正もバッチリ効いて、お値段は少しお安く4万円弱。

小型ジンバルカメラ+防水ケース

このジャンルはOSMO Pocketしかない。 一択。 ドローンにつけていた小型3軸ジンバルとカメラだけを、ジンバル付きカメラとして独立させた製品だ。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

スマホと連動させることもできるし、モニタは小さいが画面を見ながら単体でも撮影できる。

さっと取り出して動画を撮る、そんな使い方ができる製品。 カメラっぽくないので、撮影対象への心理的な負荷は大きく下がるだろうな。

画質も良く、ジンバルの性能も素晴らしい。 レールに乗せて撮ったような、滑らかなブレの無い動画が簡単に撮影できるというのがスゴい。 4万円ちょっと。

これ単体では防水ではないが、防水ハウジングも純正で6千円弱で用意されている。

【国内正規品】DJI Osmo Pocket 防水ケース

お尻にGoProと同じマウントがあるので、ちょっと大がかりで不細工ではあるが、ウエアラブルとして使うこともできなくもない、って感じか。 激しい動きは折れそうだけども。

結論:オレはアクションカムが欲しい

と言うことで、自分の用途をじっくり考えたが、アクションカムが欲しいとの結論に至った。

キャンプ、沢登り、山登り、ラフティング、自転車、車等々、動画を撮りたいシーンの大半が、屋外のアクティビティだからだ。

そして、ポチったのはOSMO Action。

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

GoProとの比較は他ブログに任せるとして、価格面でもちょうどセールだったこともあり、③万5千円弱で入手することができた。

買ったのはBanggoodという中国通販サイトだが、日本語完全対応だし、今まで注文した品物が届かなかったことはないので、安心して買って良いと思うよ。

アクセサリ類も豊富なので、届いたら色々欲しくなりそうだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました