ガラケーを乗り換えた(3回線目)

まず、自分のガラケーを乗り換えて、次に奥さんのスマホをMNPでガラケーに番号を移しmineoでデータSIM専用にした。 残るは子供達のガラケー2回線。 今回は切替タイミングが来た1台を、また格安プランに乗り換えたよ!

さて、これまでのプランを振り返ってみよう。

端末
代金
月額
費用
通話放題
プラン
導入費込
通話月額
データ
プラン
データ
月額
通信費
総額
1回線目 1.5万円 159円 24時間 844円  3GB 900円 1,744円
2回線目 1万円 159円 24時間 705円 6GB 1,580円 2,285円
合計 4,029円

夫婦合わせて月額4,029円で、24時間通話し放題ガラケー&スマホが持てている。 なお、オレはガラケーSIMを、DSDSスマホに入れているので1台持ち、奥さんは元auのiPhoneと、ソフトバンクガラケーの2台持ちとなっている。

ここに、いまauで月額1,300円くらい払っている子供用のガラケーを乗り換えて、3回線目を追加することした。

今回も引き続き通販対応のケータイ乗り換えさんで、5分以内かけ放題で月額2円!!という、これまた驚愕の激安プランで契約した。

なぜ2円なのかは、料金プランが複雑すぎて理解するのに時間がかかった。 この値引きプランを考えた人はスゴいな。 基本は、定価が高い端末を安価な一括価格で購入することで、端末台を実質0円にするための月々の割引金額を丸まる得する仕組みだ。

今回は24ヶ月と36ヶ月の割引が組み合わさっているが、36ヶ月の総額で計算してみよう。

  • 端末代金 10,000円(501KC初期一括)

普通にショップで契約すると47,520円かかるものを1万円で買うから、37,520円がお得になる、ということだ。

今回の契約だと、初月だけで解約可能なオプションと、2ヶ月目からコース変更することで値下げを実現している。

まず、初月だけで解約する有料オプションは下記。

  • スマートサポート 980円

ちなみに、有料オプションのウェブ使用料(300円)を残さないと、月月割を受けられなくなるので必須。

通話料金は初月だけ「通話定額」3,700円、2ヶ月目からは1,700円の「通話定額ライト」にするので、3,700+(1,700×35)となるので、月額通話料+有料オプションは下記の通り。

  • 通話定額基本料 63,200円
  • ウェブ使用料 10,800円
  • ユニバーサルサービス料 72円

割引項目としては機種代金相当額を割り引く「月月割」が▲1,320円/月で2ヶ月目から、ショップで申し込む「のりかえ下取りプログラム」が10,800円を24回で割り戻すので▲450円/月。

  • 月月割総額 46,200円
  • のりかえ下取りプログラム 10,800円

一時金として発生するのが下記。

  • 契約事務手数料 3,000円(ソフトバンク)
  • MNP転出料 3,000円(au)

と言うことで、端末代金まで含めて計算するとこうなる。

  • 668円/月

と言うことで、最終的な通信費の内訳はこうなる。

端末
代金
月額
費用
通話放題
プラン
導入費込
通話月額
データ
プラン
データ
月額
通信費
総額
1回線目 1.5万円 159円 24時間 844円 3GB 900円 1,744円
2回線目 1万円 159円 24時間 705円 6GB 1,580円 2,285円
3回線目 1万円 2円 5分 668円 TONE 1,000円 1,668円
合計 5,697円

これにau回線が1回線あるけど、解除月じゃないので今は待ち、ですね。 家族4人分で8千円くらいで使えているので、通信費用はかなり削減できている。

ほんと、今まで支払っていた金額は、いったいなんだったんだろう(笑

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove