受験生あるあるの慌ただしい朝

オレは受験をしたことが無い。 それは幸いなのか不幸なのかはわからないが、入社試験以外は試験らしい試験を受けた経験がオレには無い。

そんな我が家にも受験生の時期がやってきた。

ウチの子は中学受験をしたので、いわゆる内部生として推薦入試になる。 ハードルは通常の高校受験とは比較にならないくらい低い。

だのに。

合格が決まるまでは、本当に紆余曲折があった。 色々な原因があったわけだが、親としては万が一のことまで考えて、様々な方面にセーフティネットを張り巡らせる準備を進めていたくらいだ。

だけど。

本人も頑張った。 生活態度や提出物、試験の成績。 本気で頑張った。 試験前は徹夜も繰り返すくらいに勉強し、普段からやっとけコラ!と親も怒らず、家族ぐるみで支援して、なんとか条件付きながらも内定を勝ち取った。

よく頑張った。

本当に褒めてやりたい。 いや、褒めた。 目いっぱい褒めた。 次からはこうならないように、普段から頑張ろうね、と釘を刺しつつも褒めた。 本人も相当に安堵したろうが、それに負けないくらい親も嬉しかったからだ。

そして。

決して避けて通れないイベントが残っている。 それは高校の推薦入試だ。

すでに内定が出てるとはいえ、形式的なものとはいえ、今日は骨折してでも、血を流してでも、這ってでも、とにかく必ずその場にいなければならないと本人は言っている。 そのくらい大事だということなんだろう。

だから。

ウチの子は普段は自転車通学なんだけれども、通学中に何かあったら困るからって思って、車で最寄り駅まで送ってバスで行かせた訳だよ。

と言うのも、相手が子供だとみるや、憂さ晴らしに嫌がらせをする奴が世の中かなり多いからだ。 道を全く譲らず前から自転車で突っ込んでくるとか、横道から飛び出してきたのに「お前が止まれ!」とか怒鳴る奴がいるんだよ。 ウチの子が避けてもワザと手を伸ばして当ててきて、そこで強く怒って子供に謝らせることに喜びを感じる、そんなクズみたいな奴に年に1回くらい遭遇するんだ。

オレが見てるときにウチの子に絡んできたオッサンには、めっちゃその場でキレて怒鳴り返してやったら逃げていったけど、自分が大人だから会わないだけで、世の中オカシイ奴が山盛りいる。

ところが。

よりによって、まさか、受験票を忘れるなんてことがあるのか?!

急遽会社を午前休みにして、慌てて車でとんぼ返りだ。 高校の守衛さんに、受験票を忘れたので届けに来ました!と言ったら、「大丈夫まだ間に合いますよ。5人目です」と笑顔で言われた。

内部生、緩みすぎだろう(笑

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 なかやん

コメント

タイトルとURLをコピーしました