中耳炎の後始末

ご趣味は?と聞かれたら、耳かきです!って答えたくなるくらい耳かきが好きだ。 ぼーっとして、ほじほじしてるのが特に好き。 してもらうのも良さそうなんだけど、うちの奥さんは目が悪いので怖くて頼めないし、膝枕耳かきに行く程でも無い。 ある日、いつものように快調にほじほじしてたら、耳カスに血がついていた。

ほじりすぎて中耳炎になったYo!

耳鼻科に行って、薬を塗ってもらって、自宅用の薬をもらって帰宅した。 それからしばらくは、耳の中に薬を注入したり、マキロンを綿棒で塗ったりして、だんだんと耳汁も出なくなって、快方に向かったかに見えた。

老人のように耳が遠くなったYo!

耳の奥に何かが詰まったような感じ。 もう会議の席でも、宴会の席でも、

ハァ? なんですかぁ?

みたいな耳の遠さが1週間ほど続いたので、辛抱堪らず耳鼻科へGo!! 先生が見た耳の奥には、中耳炎時代の名残がごっそりと残っていたらしく、「ちゃんと通わないから・・・」とか、「来ないで良いなんて言ってないし」とか、もう文句言われっぱなしの10分間。

でも耳が聞こえるようになったYo!

すげぇ。 耳鼻科すげぇ。 耳が詰まりすぎて頭痛がしてたくらいなのに、もうそのカケラも無くすっきりクリアな聴き心地が甦った!!

オレの耳が帰ってきたYo!

ああ、長くなりすぎて感動が薄れてきた。 ま、とにかく感動したってことで。 耳が遠かった時に打合せとか、宴会をしてたみんな、ゴメン。 今はもう、ハァ?とか言わないし、老人がハァ?とか言っても優しく接することができると思う。

とにかく治って良かった。

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove