期待を超える驚きはミステリーの名に恥じず!【ミステリーランチ¥800(ぼんぐ里@天王町)】

この記事は約2分で読めます。

天王町歴1ヶ月のワタクシ、今のところ天王町で最も魚が旨い居酒屋として、この「ぼんぐ里」を挙げるわけですが、ランチもやっていたので迷わず突入。

[googlemap lat=”35.45336″ lng=”139.601465″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”17″ type=”G_NORMAL_MAP”]神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町3?7[/googlemap]

場所は天王町を下りて徒歩2~3分程の公園の脇。

会社帰りに怪しいネオンサインが目立つ店なんだけど、ネオンだけ見ると旨く無さそうなくせに、実際に味わってみるとこれがかなり美味しい料理(特に魚)を出す店で、そのギャップに驚かされたりするんだな。

ランチメニューは揚げ物から海鮮まで、老若男女に対応したラインナップ。 定食に加えて一品料理を付け足せば、かなり満腹になりそうだ。

さてさて、どれにしょうかと眺めていると、日替わりも良いのだけど、やっぱり目を引くのはミステリーランチ¥800。 入るなり迷わず注文だ。

座敷に座って数分、出てきた料理は「ムムムッ!」と椎名誠風にうなってしまうハイクオリティ。

艶々とした白米に、刺身は赤身とハマチ、揚げ物はアジフライに湯葉?で巻いた野菜&海老、切り干し大根、卵焼き、味噌汁、香の物、みかんと盛り沢山。

ご飯が大盛¥50、お代わり¥100というのは、この旨いご飯に対する自信の表れなのか。

細かいことだけど、ミカンには皮と房の間に包丁がちゃんと入れてあって、そうした一つ一つがちゃんと丁寧で旨い。

うん、こりゃ素晴らしい! 大満足!

コメント

タイトルとURLをコピーしました