【書評】環境問題はなぜウソがまかり通るのか

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)例え話や、数字の捉え方が極端かなとも思えるが、環境問題を取り巻く一方通行な情報とは違った、別の視点を与えてくれて面白い。

元々の日本は高度な循環型社会であったものが、官製リサイクルという錦の御旗の元に崩壊し、税金が投入されることで利権が生まれた話や、マスコミによって作り上げられた悪の虚像など。

まぁアレだ、金になるからクジラを守る、みたいな。 人は理想ではなく、金によって動機付けられ、一度手にした利権は手放さなくなるんだよね。

環境問題も、また然り。