【書評】ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

ビジネスにおける「人」に焦点をあてた本。

独立しようとか、いま苦労してるって人じゃなく、むしろ企業で働く人、部下を持つ人に勧めたい。

それは、氏のビジネスはあくまでも副業であるから。

働く側の喜び無くして、客の喜びは無いとう姿勢で、人の出会いがビジネスを成功させるという基本を説く。

どうだろう、あなたは働く喜びを見出しているだろうか、あなたの部下に働く喜びを伝えられているだろうか、あなたの部署は成果を出せているだろうか。

そして、コントでもビジネスでも、徹底的に調査して、分析して、とことん納得しないと提供しないという姿勢。

マシンガントークの裏には、完璧な台本があったとは。仕事を愛し、人を愛し、自分に挑戦し続ける姿勢に感服。