【書評】ウェブ進化論

馬車から自動車へ、プロペラ機からジェット機へ、いつの時代も、何らかのパラダイムシフトがあった。

今までそれが当たり前と思ってやっていたこと、それがないと生きていけないと思っていたこと、それが自明のルールだと思って信じていたこと。

それがあっという間に新しいものに置き換わる。

今もまた、目に見える変化だってあるだろう。

しかし、現実世界からネットの世界へのパラダイムシフトはもう起こってしまった。 飛行機を見たことが無い、自動車も然り、そんな情報格差は、昔は地域間の格差だった。 しかし、今は世界中の誰もがネットで繋がる。

隣人が最先端であったとしても、あなたは知ろうとしなければ何も知ることができない。 あなたは何も知らないかもしれないのだ。

世界中が簡単に結びつく事で、爆発的な勢いを持つ。

そんな「これから」の世界を知るための、「今」の世界を理解する手助けとなる一冊。

スポンサーリンク
スポンサーリンク