香港子連れ旅行記2013【2日目その1】

1日目はコチラ・・・

今日の日中は格安ツアーにつきものの、土産物屋巡りのついでの観光ツアー。 夕方から仲間達と合流して、美味しい夕飯を堪能するんだよ!

楽しみ♪

まだ香港の食事に慣れていない子供達のために、朝ご飯は近所のセブンイレブンへ。

セブンイレブン 香港

ホテルを出て2,3分の所にあるので便利。 狭いけど、パン類は子供でも食べられそうなものがちゃんとあって一安心。 ギリギリまで寝ていた子供達を起こして、サンドイッチやらソーセージパン、ジュースで簡単な食事を済ませたらバスの時間だ。

朝ご飯 香港

バスは割と小綺麗で乗り心地の良い観光バス。 もっと汚いバスかと思っていたけど、ちゃんと観光客用は綺麗なんだな。

ツアーバス 香港

バスも道路も中々綺麗で、最初に向かったのはコンベンションセンター。 一緒に写ってるのは香港在住25年のガイド、郭さんだ。

ガイド 郭さん 香港 HIS

九州生まれの朝鮮系中国人で、東急田園都市線の青葉台に住んでいたこともあるそうだけど、さすがに25年も香港暮らしだと日本語が怪しくなるのは仕方ないのか(笑

次はジャッキーチェンの本宅が見えるというRepulse Bay Beach(淺水灣泳灘)へ。

ジャッキーチェン宅 香港

正面の丘のあたりがジャッキーチェンのお宅らしいが、だから何って感じだなぁ。 本当は風水を信じて大きな穴を開けた構造のマンションが見所らしいけど、それもわざわざ見に来るほどのものじゃない。 田町のNECだって大穴が開いているぞ。 むしろびっくりしたのは、住宅価格が日本円で3億とかザラにあるってことだった。 高っ!!!

砂遊び 香港

砂浜ときたら砂遊びだよな、そりゃそうだ。 次は午前の最後でビクトリアピーク(太平山)。

ビクトリアピーク 香港

ケーブルカーもあるけれど、バスで頂上直下の駅(山頂纜車堅尼地道站)まで来られる。

キュービクル 香港 ビクトリアピーク

変電用かな? キュービクルにペイントされた香港風アパートの図柄が面白い。 夜景で有名だけど、子連れだと夜景の時間はちょい不安が残る。 あいにく天気は不安定だったけれど、なんとか景色は眺めることができた。

HSBCとか 風水 香港

このビル群には2つの銀行が写っているんだけど、「HSBCを斬ろうとする刀」をデザインした中国銀行ビルに向けて、HSBCが「大砲を2門向けている」という風水対決。 風水戦争とまで言われたデザインだそうで、確かにネットにも沢山情報が載っていた。 血液型とか気にする日本人に言われたくは無いだろうけど、占いごときにそこまでやる?って思ってしまう。

お土産攻撃と思しきシルク屋は子供と一緒にバスで待機し、宝石屋はトイレを済ませてスルー脱出。 こんなの時間の無駄無駄無駄無駄無駄!(笑

さあ、やっとお昼だ。 お昼は鳳城皇宴で飲茶。 日本の観光地でもありがちな、大規模レストランと言うか、ドライブインと言うか。

最初は大根餅を揚げたようなやつ。 もちもちした歯触りは日本人好みかな。

もちみたいなの 香港

続いて揚げ春巻き。 パリパリさくさく。

揚げ春巻き 香港

蒸し物はシウマイ2種、エビ餃子。

点心 蒸し物 香港

肉まん。 味が濃いめ。

肉まん 香港

青梗菜の炒め物。 野菜炒めで失敗する馬鹿はいない。

青梗菜の炒め物 香港

炒めたビーフン。 味は可もなく不可もなく。 料理は容赦なくどんどん出てくる。

炒米粉麺

炒飯。 ご飯がパラパラなのは米が違うせいだね。 具はミックスベジタブルっぽい安っぽい味。

炒飯 香港

このあたりで、もうお腹がいっぱい。 でもさらに焼きそば。 まだまだ続くのか・・・。 子供達もギブアップ気味で、テーブルを囲む他の旅行者との会話を楽しむ雰囲気に。

焼きそば 香港

デザートのマンゴープリン。 偽物の杏仁豆腐みたいな感じだったけど、しつこい料理が続いたので、この時は旨いと思ったわ。

マンゴープリン 香港

雲はどんどん厚くなり、生憎の雨模様。  午後の最初の観光は、12支が並ぶ黄大仙廟(?大仙祠)へ。

上の子は牛(丑)。

牛(丑) 香港 干支

下の子は猿(申)。

猿(申) 干支 香港

寺もさしたる面白みも無い。 そもそも共産国家の観光地の寺なんて、立地が凄いとかを除けば客寄せのためのアトラクションでしかないからな。

お寺 香港

さ、後2カ所の我慢だ。 次は漢方薬の長寿園

漢方薬 香港

ここはどんだけリベート払っているんだろう。 買う気も失せる騙す気満々の怪しい説明を聞いてから、えらく苦いという漢方薬のお茶を10香港ドル(100円くらい)で味見。

苦い 漢方薬 香港

確かに苦~い(笑

さぁ、土産物ツアーズの終点はDFS。 隣のビルに花文字を書いてくれる店があるとガイドの郭さんが言っていたのでやって来たよ。 花文字とは、漢字を綺麗な絵に仕立てて描いたもの。

花文字屋 香港

ママへのお土産に名前を花文字で書いてもらおうと考えていたし、値段も手頃な$120なので一筆お願いした。

ガイドの郭さん曰く「このあたりでは花文字屋さんはココしかありません。とても良いお店ですよ!」とのことなので、ビル内をぶらついて時間つぶし。

ビル内

寂れた地方の駅ビルみたいな雰囲気だなぁと歩いていたら、なんと他の花文字屋さんが何軒もある! これはガイドの郭さんに騙された(笑

ぶらついて戻ると、我が家の花文字を仕上げ中・・・ と、よく見ると花文字はまぁまぁ綺麗だけど、漢字が達筆とは言えない怪しい先生。

花文字 香港

安いからか? マージンたっぷり取られているとか?(笑

ま、良いか。

HISとは言え、ガイドに気を許したのが間違いだったな。 反省。

ちょっと長くなったので、後半は別に書く。

2日目その2はコチラ・・・

3日目はコチラ・・・

4日目はコチラ・・・

5日目はコチラ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク




『香港子連れ旅行記2013【2日目その1】』へのコメント

  1. 名前:ナカヤン.JP » Blog Archive » 香港子連れ旅行記2013【1日目】 投稿日:2014/04/05(Sat) 22:00:38 ID:f31bec921 Reply

    […] 2日目その1はコチラ・・・ […]