薪ストーブの煙突プランを再考する

薪ストーブを買ったは良いが、子供達もパパも忙しくて、そうこうしているうちに暖かくなってきてしまった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、元気です。 たぶん。

本番環境で試せないままでいる、薪ストーブシリーズの最新話(笑。 バックナンバーはコレ。

さぁ、じゃ気を取り直して行ってみよ-っ!

まず、以前に薪ストーブの煙突の案を載せたね。 コレね。

薪ストーブ 煙突プラン
実際に組み立ててみるとこうなる。 うおおおおおっ!!!! カッコイイ!!!

これがテントに収まって、メラメラと薪が燃えている絵を考えただけで恍惚となる(笑

薪ストーブ 煙突 検証用

そうは言っても、メッシュの煙突ガードがテントに触れても平気な温度なのか、煙突はちゃんと機能するか等を事前にちゃんと検証してみよう。

テント内は遠赤外線効果を狙った黒色煙突、外はステンレス、テントに触れる部分には煙突ガード、外の煙突を支えるのはランタン兼煙突スタンド。

スタンドは煙突の重さをしっかり支えることができるように、組立式の棚で使う棚板支えと、自在煙突支えを合体させてみた。 今回試してみて考えた改良点は、縦方向の加重をしっかり支えるために金属ワイヤーをエビ曲がりの蛇腹に引っかけるようにすること。

薪ストーブ 煙突 支え
煙突ガードも、思った通りの出来映え。

薪ストーブ 煙突ガード

早速、薪をくべてみるが火付きが悪い。 って言うか火が消えてしまう。 むむむ、よく見ると排気がスムーズじゃないし、逆流するときもある。

これじゃいかん!

色々な組み合わせで実験してみたところ、横引きした後の縦系が短いと、排気がスムーズに流れないということがわかった。

試しに縦だけにしてみるとどうなるか。

wpid-dsc_2170.jpg
すると、さっきまで消えかけていた炎が豪快に復活!

これだよ、これじゃなくちゃ!

薪ストーブ 縦のみ

近くに居るだけで暑いくらいだ。 縦は2本でも3本でも大きな変化は無かったが、横引きで1本つないだ後は縦を2本にしないと排気がスムーズに流れなかった。

理屈としては、薪ストーブは熱せられた排気が煙突を上る上昇気流の力(煙突効果)によって吸気されるのだけど、横引き部分を排気が抜けるためには横1本の後に縦が2本ないと横を抜けるだけの力が足りず、排気がスムーズに流れない=吸気も止まる=正常に燃えなくなってしまう、という訳だな。

全体の中に縦が何本、横が何本って話では無く、横の後に縦が何本あるのかが大事なようだ。

検証してみて良かった。

本日の改良点のまとめ

  • 煙突を1本追加(横の後の縦=横の2倍)
  • 煙突スタンドに縦の重さを支える金属ワイヤを追加

薪ストーブ 煙突 改良

たぶん、これでもう大丈夫。

でも、45度のエルボにしちゃうのも良いかな?なんて悩んでみたり。

まぁ暖かくなっちゃったから、実戦投入は秋まで待たなきゃね。

あ、5月の北軽井沢で使えるかな?

と思っていたけど、早々に実戦投入してみた。

これだ。

薪ストーブ キャンプ

風も結構吹いていたけど、ぐらつくことも無くバッチリ機能してくれた。

場所の移動も楽だし、シンプルにまとまった仕上がりになったと自画自賛(笑

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove