薪ストーブで快適な秋冬春キャンプ(完成形)

スポンサーリンク

シェアする

もう、寒い時期のキャンプは、この薪ストーブ&石油ストーブで決まりだ。

薪ストーブ キャンプ

長かった薪ストーブの試行錯誤。 でもこれでやっと、ほぼ完成形と思えるところまできた。


構造はこれと同じで、最後の縦をもう1本追加した。 前にも書いたけど、縦を1本追加しないと排気が抜けない。 逆に言うと、1本追加するだけでメラメラと燃えてくれる。

ちなみに、燃やす薪はくれぐれも良く乾いたものを使うこと。 生木とかダメ、絶対。 生乾きの薪を燃やすと、煙突が分厚い煤だらけになってすぐに詰まってしまうよ。

薪ストーブ 煙突 検証用

パーツの配置を絵にするとこうだ。 実際には最初の写真のように、テントの中にランタンスタンドが見事に収まっている。 煙突をテントの上側から出すことで薪ストーブの位置をテントから離すことができるし、テント内になるべく熱を取り込みたいという意図通り。

薪ストーブ 煙突 改良

煙突の縦を伸ばしたので、エルボを金属ワイヤで吊って縦~Pトップまでの重量を支え、風による横向きの力はスタンドで抑える構造。

そのスタンドはランタンスタンドと、金属ラック用の棚板支えを使っている。 まず棚板支えに、煙突自在スタンドと同じ径の穴を開ける。

スチールラック用 棚板支え

棚板支えが嵌まるように、ランタンスタンドにも穴を開ける。

ランタンスタンド 煙突 棚板支え

合体。 金属ワイヤは直径2mmのものを使った。 ちょうど良い長さが出来合いであったのでソレを。

ランタンスタンド 棚板支え 煙突

煙突ガードはこれ。 詳しい作り方は前の記事を参照。

薪ストーブ 煙突ガード

薪ストーブの台はこれ。 ぴったり過ぎて泣ける。

薪ストーブ アップ

そして、もう一つの強い味方は石油ストーブだ。 コンパクトだけど10時間程の運転時間があるし、このトヨトミダブルクリーンは一酸化炭素の排出量が10分の1、二酸化窒素が5分の1で、一酸化炭素警報機もまるで反応しないレベル。

シェルター内ストーブ

と言うわけで、去年の冬から今年にかけて確立した、我が家の秋冬春キャンプの暖房は下記の通りだ。 ちなみに、一酸化炭素警報機は2個設置してる。

  • 薪ストーブ
    • とにかく暖かい。 幕内の温度を20~30℃は余裕で上げることができる。 むしろ熱い。
    • 一晩中は持続しないので、夜中に2~3回ほど薪をくべるという作業が発生するが、これはこれで楽しかったりする。 暖炉の前でうつらうつらする感覚。
    • 薪の種類にもよるが一泊で5束くらい使うので、燃費は相当悪い。 薪は小口で買うとかなり高くつくし、安い針葉樹の薪はあっという間に燃え切ってしまう。
    • 乾燥していない薪を使うと煤で煙突がすぐに詰まってしまい、掃除がえらく面倒。 絶対にちゃんとした乾いた薪を使わないと泣ける。
    • 下面を除く全方位に熱いので、天幕に近づけて設置はできないから場所を取る。
    • でかい。 本体で120リットル、煙突で100リットルのベランダボックスが必要。 持ち運ぶのも一苦労だし、オフシーズンの保管も場所を取る。
    • テントの中で燃えさかる炎を眺めることが出来るのは、かなりテンションが上がる。 これが決め手だ。 これ以上でも、これ以下でもない。 男のロマンに勝るものなし
    • 煙突から出た排気の分、どっかから空気が入ってくるので、煙突さえ詰まらなければ換気面では割と安全。 詰まるとヤバい。
  • 石油ストーブ
    • 幕内の温度を10℃ちょい上げることができる。 前面は遠赤外線効果で暖かい。
    • 背面には熱放射が無いので、天幕内での設置場所はかなりコンパクトで済む。
    • 軟派なようだけど、点火も消火もワンタッチですぐにできるってとても大事。
    • 安心の10時間連続稼働で、灯油代も薪を買うよりはずっと安いし、どこでも入手できる。
    • 匂いが少なく隙間を締め切って運用できるので、気楽な気持ちで酸欠になりかねない。
    • 持ち運ぶときはタンクを外しておかないと、車の中が灯油臭くなってしまう。

2種類のストーブを寒い時期は併用、少し暖かくなってきたら石油のみ、そして夏場のクソ暑い時期は避暑地以外には行かない。 これが我が家のキャンプスタイルだ。

煙突から立ち上る煙は常夏の証。 来年は煙突ガードと同じ幅の細長いビニールシートを用意して、天幕の隙間を閉じてみよう。

薪ストーブ 煙突 煙

さぁ、来年の秋が楽しみだ♪

【2015/6/6追記】

とか言っていたけど、さっそく作ったのがコレ。

超宴というイベントでデビューさせた。 本当に快適でびっくりするくらい暖かい! 煙突ガードは見事に熱を逃がしていて、これだけビニールシートを密着させていても、ほんのり暖かくなるくらいで全く熱くならない。スウィートグラス テント

また、煙突から抜ける煙の分は、煙突ガードや他の隙間から空気が入ってくるので、必然的に換気もできるって訳で石油ストーブを締め切って使うよりも、よっぽど換気面でも優れもの。

ますます寒い冬が恋しくなる、2015年の梅雨なのです。

【2015/10/14追記】

薪の代わりに、籾殻を高温高圧で固めたモミガライトを使ってみたので、感想をアップ

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove