道玄坂の隠れ家的居酒屋「きになるき」は噂以上の満足度!

友達が行って、素晴らしく良いから行ってみろというので行ってみた。

結果、確かに素晴らしい店だった。 カウンターだけの狭い店なので、予約してごく親しい仲間でゆっくり呑むのが良いね。

場所は道玄坂交番を過ぎて、少し歩いた右側のビルの地下。 看板はすこぶる小さく、ちょっと分かり難いかもしれない。

気になる店名はその名の通りで「きになるき」だ。 この「ゆ」暖簾の上にある小さな看板が、道玄坂沿いにも出ているから参考までに。

きになるき 入口
店はカウンターのみの小さな店。 入店したタイミングでは赤ちゃん連れのママさんがいらしたけど、早い時間にゆっくりしたいママにも優しい店なんだね。 ちなみに、向かい側の鍵のかかったシールだらけのドアが、この店のトイレ。

ここは単品注文も可能だけど、今回はコースと飲み放題のセットでお値段5,000円ぽっきり。 これが安いか高いかは、店を出るときには心底から納得していること間違いなし。

飲み放題のメニューはこんな感じ。

きになるき 飲み放題 メニュー

酒瓶が並んでいるけれど、基本的には酒も焼酎も銘柄指定はできない。 逆に新しい酒との出会いがあって、それもまた楽しい場でもある。 こんな酒が呑みたい、そのリクエストに応じて出される新しい酒との出会い。 あぁ、こんな新鮮な気持ちで呑むのは久しぶりかもしれないな。 ここで出会って他で呑む、そんな勉強ができる店と出会えたことに、ワクワク感がハンパない。

でもリーマンですもの、まずは生ビールで乾杯しちゃうYO!(笑

さて、お料理が始まります。 大将がそれぞれの料理に説明をしてくれるんだけど、そのウンチクが嫌みなく、料理のポイントをわかりやすく、さらに彩って美味しくしてくれる絶妙なトーク。 これはもう、It’s Show Time!!だな。

と言うことで、まずは釜揚げシラスと菊の花のサラダ。 ポン酢は自家製だそうで。

きになるき 釜揚げシラスのサラダ

それに合わせた2杯目は焼酎で。 今日の出会いは鹿児島の芋、「伊勢吉どん」だ。

きになるき 焼酎

芋らしからぬ、スッキリとした甘めの呑みやすい焼酎。 これ旨いな。 気が置けない友人達との会話を楽しみながら、すっと出てきたのが牡蠣の味噌煮。

きになるき 牡蠣の味噌煮

ほどよく水分の抜けた牡蠣に、味噌の風味がしっかりとついていて、チビチビかじりながら酒を呑み、会話を楽しむ、そんな楽しいサイクルが続くのだ。 そろそろ日本酒に移ろうかと思うんだが、新しい酒との出会いが楽しくて、もう一杯だけと出会ったのが鹿児島の「夕(せき)」だ。

きになるき 焼酎 夕 せき

これは芋らしい力強い香り。 スイスイいっちゃう呑みやすさは「伊勢吉どん」だけど、この酒も芋としてはかなり呑みやすい部類。 この香りならお湯割りでも美味しいだろうけど、オレはロック派。

次の料理は生しらすと青さのり。 ほんのり甘く、軽く塩気のある青さのりの役割は、この生しらすを引き立てるソース。

きになるき 生しらす 青さのり

なんて知った振りして書いているけれど、これは大将が一品ずつちゃんと説明してくれているので、その受け売り(笑

これも普通に生しらすを丼とかで食べるのとは、ひと味もふた味も違う生しらすの味わい方で、「ふーむ」「うーむ」とか言いながらも、結局は「うまいなぁ」という言葉になってしまう自分のボキャブラリーの無さに恥じ入る次第。

さらに、「日本酒に合うよねー」なんて話しているのに、しつこく焼酎を頼み続けるのもいかがなものかと思うが、やっぱり好きな物は好き、それで良いじゃないか。

お次の酒は「薩摩茶屋」。

きになるき 薩摩茶屋 焼酎

もうこの頃になると、酒の味とか区別も記憶も曖昧なので、多くは語るまい。 どうせ「旨い」とか「香りがー」なんて、酔っ払った素人が語ったところでお寒い限りじゃん!

次の料理は水ナスの刺身と肉味噌。

きになるき 水ナスの刺身と肉味噌

水ナスと言うと生姜orワサビ醤油のようなきがするけれど、甘めの肉味噌を塗って食べるというスタイル。 これが甘くみずみずしい水ナスと、絶妙な組み合わせ。 塩気に頼らず、甘みを甘みで引き立たせるとはね。

この後から日本酒に移ったけど、1杯目は写真を忘れちゃった。 そうこうしているうちに「今日のマグロです!」と大将の楽しそうな顔が!

きになるき 大将 マグロ

そりゃもう、このマグロを見たときのオレ達の顔。 そんな顔を見ていれば笑顔にもなるよねー。 アホ面して「おおー!」とか言ってたし(笑

待っている間に次の日本酒へ。 糖質ダイエットとか、今日はもうどうでもいいや。 旨い物は旨く食べて、呑んで、楽しまなきゃ! あぁ、日本酒旨い。

きになるき にごり酒

そして先ほどのマグロが。 粗塩とワサビで頂きます。

きになるき マグロ 塩

なんとまぁ、濃厚でねっとりとした舌触りなのだろう。 これに塩がまた良い仕事をしている。 酒もどんどん進む。 もう呑みまくりだ。 飲み放題バンザイ!

ついつい写真を撮り忘れそうになるところを、一緒に行った仲間がこまめに教えてくれる。 ありがたい話で、そうでなきゃ後半なんて写真が撮れる訳がない(笑

次のお酒は「甲子(きのえねまさむね」。

きになるき 甲子

そしてホタルイカのしゃぶしゃぶ。 寄生虫がいるからしっかり火を通して食べようね。 食中毒とかそういうのはお店の迷惑になるから、食べ方はちゃんとしなきゃダメ、絶対。

きになるき ホタルイカ しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶを食べた後は、中華麺を入れて食べる! しゃぶしゃぶでしっかりと出汁が出た〆ラーメンの旨さたるや。 これは体験してみないとわからないけど、スープも旨かったなぁ。

このあたりになると酒の写真はもうないけど、デザートの写真はちゃんと撮っていた。 なんでこれがデザートなのかわからないけど、デザートなんだそうだ。

きになるき デザート ウニの肉巻き

ウニの肉巻き。 これが旨くない訳がない。 ぺろりとたいらげて、もうちょっとだけ呑んで、若干へべれけになりつつ店を後にした。

いやぁ、5,000円で呑める店はいっぱいあるけれど、ここまで満足させてくれる店は本当に少ない。 そんな良い店と出会えたことに感謝。

また来るよ。 アイルビーバック。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove