リモート飲み会はやってみると意外に楽しく面白い

コロナウイルスに関連して、リモート飲み会なるものがあると知った。

酒のあるところナカヤンあり。

ならば早速と、試してみることにした。

リモート飲み会ってなんだ

リモート飲み会って何なんだ?と言うと、テレビ会議システムを使って皆で自分の思うままに酒を飲み、会話する、ただそれだけ。

初めてテレビで聞いたときには、なんというアホな行為なのかと思ったものだが、ちょっと興味があって気になっていたら、早速お試しの機会がやってきたので参戦してみた次第。

メンバー的にはアウェイだったし、途中参加ではあったのだけど、やってみるとこれが意外に楽しい。

使ったのはZOOMで、無料版だと40分までしか大人数のミーティングができない。 今回は有料ライセンスを持っている人がリモート飲み会を開催したので、時間無制限だ。

普通の飲み会と違うのは

やってみて、普通の飲み会とは違う面白さだったのは下記。

自分のペースで呑める

他の人のグラスの減り具合とか、場のペースとか気にせず、酒でも水でも、手元にあるものを自由に気兼ね無しに呑める。

全員の顔を見ながら話せる

リアルだと周りの3~4人程度までが密に話せる限界だけど、リモートなら大人数でも会話ができる。

今回は画面一杯で9枠だっただけど、もっと増えたらどうなるのか興味津々。

出入りが自由

やっていると、途中で寝落ちする人あり、トイレに立つ人あり、肴を作りに行く人あり、席を立つときに隣の人に気を使うなんて事も無く、やりたいように自由にできる。
反面、ダラダラと長くなる傾向があるようで、それはそれで問題なのかもしれない(笑

人見知りでもなんとかなる緩さ

リアルの異業種飲み会とかだと、挨拶から始まって名刺交換したり、ちょっと気を使いながら対応するけれど、オープンなリモート飲み会だとログインして知り合いに挨拶して、後は適当に飲んでるだけ。

乗れる話題があれば話をして、面白ければ笑って、やめたくなったら出ればいい。

緩い。

この緩さが良い。

知らない人は試してみた方が良い

リアル飲み会と比較するんじゃなくて、これはこれで別の楽しみ方をするものだね。

ぶっちゃけ楽しかった。

新しいこともやってみるもんだな。

一番のポイントは自由さかな。 緩くて、気兼ね無くて、自分の思うスタイルで楽しめる点は、新しい感覚だった。

考えてみれば、子供達はLINEでグループを作ってビデオチャットしてるし、それと同じ事なんだな。 俺が気軽なビデオチャットに慣れていないだけだった、ということか。

今度は別の仲間達とやってみよう。

お試しあれ!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 なかやん

コメント

タイトルとURLをコピーしました