ところでワトソン、こいつをどう思うね?

この記事は約2分で読めます。

「どうだいワトソン、人気の無い田舎道に続く、この痕跡はなんだろう?」

「珍しいねホームズ、大好きな散歩の最中に他のことに目を奪われるなんて」

「何を言ってるんだい!僕は散歩の時だって、食事の時だって、いつだって変化に目を奪われるんだ。 そうさ、ティータイムでさえもね!」

「ではこれは何だと思ったんだい?」

「ああ、まだわからないのかいワトソン!これは決定的な証拠なんだよ!」

「この人通りの無い道を歩いていたのは、ナカヤン家の住人だけだ、そうだねワトソン?」

「ああ、正月だと言うのに殆どと言っても良いくらい、人と会わない村だからね。 それがどうしたって言うんだい?」

「水の跡は約40cm毎に残っている。 車のタイヤにしては幅が広すぎるし、道の真ん中に一直線に続いているだろう」

 

 

「これはね・・・」

 

 

「ナカヤン家の子供がドブに落ちて、とぼとぼと帰った跡に違いない!」

「そんなことはあるもんかホームズ! 薄氷が張るほどの寒さだし、どうしてドブに落ちるんだい!」

「まあ、まずは痕跡を辿ってみよう、きっと君は驚くはずさ」

 

 

「ほら、ご覧よワトソン。 濡れた靴、泥だらけの服が玄関前に置いてあるじゃないかwww」

「本当だホームズ! 部屋の中に風呂から出たばかりの子供が居るじゃないか!wwww」

「余計なことをやって失敗するのがナカヤン家の伝統なのさ、ワトソン君!」

 

「今回の推理も流石だね、ホームズ。 おや、そろそろハドソン夫人が来る時間だ」

「ああ、良い暇つぶしになったね。 お陰でコカインを愉しむ暇もなかった。 さあ、次の相談事は何だろう!」

 

おしまい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました