肉肉肉、そして肉、またもや肉、その隙間にご飯なタレカツ丼(2段盛)¥1,000【こころ@天王町】

この記事は約2分で読めます。

安くて旨いとんかつ屋があると聞き、早速やってきたのは「とんかつ こころ」。

[googlemap lat=”35.452621″ lng=”139.602715″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”16″ type=”G_NORMAL_MAP”]神奈川県横浜市保土ケ谷区岩間町1丁目7?13[/googlemap]

天王町には駅のすぐ近くにも松屋系列の松乃家があるけど、こっちの方が本格的で種類も多い。 値段はあまり変わらないよ!

間口が狭いように見えるけど、席数は20席くらいはあったかな。 でも、昼時はいっぱいになってる繁盛店。

豚丼とか、新潟タレカツ丼といったご当地グルメも目を惹くメニュー。 ロースカツ定食も安い。 カレーも魅力的だけど、ここはご当地グルメの新潟タレカツ丼の2段盛りで決まり!

やってきたタレカツ丼、すでに蓋からカツがはみ出ている状態だったけど、開けてみれば肉、肉、肉。

普通のとんかつとは違って、薄めの豚肉に唐揚げのような薄衣、それを甘辛醤油ダレにくぐらせてご飯に載せている。 さっくりとした歯ごたえで食べやすいけど、少し味は濃いめだね。

きっと、駄菓子屋にあるカツなんちゃらとかは、これを思い描いて作ったんじゃなかろうかと思ったよ。

タレカツを食べて少しだけご飯を食べて、肉を食べ続けた後にまた肉(笑

これね、1段目と2段目の間のご飯は1cmくらいの厚さしかないよ。 その下のご飯も少なめだから、丼のほぼ8割がタレカツ。

旨いけど肉すぎたー(笑) 次回は特上ロースを食べよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました