渋滞学


車の渋滞から人の混雑、アリの行動に学ぶ解決策、
ネットの混雑、果ては体内の細胞内の動きまで。


多数のものが動くとき、そこには必ず渋滞が
発生してしまう。 それぞれの特性は違うものの、
モノでも人でも昆虫でも、ネットでも同じだ。
コレを知ることですぐに役立つ本ではないが、
快適な生活を支えるために日夜研究を進める、
そんな縁の下の力持ち的研究が垣間見える。
ちょっとした雑学に使える、面白い理系本。

スポンサーリンク
スポンサーリンク