【書評】PLUTO 6―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より


今までよりも、大きな動きのある巻。


今まで分からなかったことが分かり、
今まで確かだった者が消えてしまう。
あぁ、もっと書きたいがダメだ。
何を書いてもネタバレになってしまう!
それくらい、中身が凝縮された1冊だ。
言うなれば、第1章完。
そして新しい物語が始まる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました