書評

書評

【書評】シュリーマン旅行記(清国・日本)

さすがトロイ遺跡を発掘しただけのことはある。 現代からは想像もできない困難を強い意志で克服しながら、 中国(清)から日本を一気に駆け抜けた見聞録だ。 数字を多用した設計図のような記録をフェルミ推定で分析し、 西洋から東洋、中東に至る...
0
書評

【書評】セブン‐イレブンの正体

「巨大でありながら、実際は何もしていない会社」という締めの言葉が印象的な、セブンイレブンの息ががかかった出版流通大手のトーハンで当初は取り扱いが拒否されたという、曰く付きの一冊。
1
書評

【書評】日本の「食」は安すぎる―「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない

農業コンサルタントであり、Webでも常に美味しく安全な食品を紹介している著者による、普段は考えない生産者の視点を織り交ぜながら、消費者としての行動を考えさせられる本。
0
書評

【書評】大図解九龍城

細いビルが密集して建ち並んでいた場所が、いつの間にかビルの間も増築された部屋や廊下で埋まってしまい、気がついたら高密度な部屋の塊となっていた空間、魔窟とも呼ばれた今は無き九龍城塞の貴重な記録。
0
書評

【書評】偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する

自称エコ推進派に読ませたい1冊。 企業から行政までこぞって進めるエコ活動だが、どこまでが本当にエコロジーの役に立って、どこからが商売なのかを筆者なりの調査で分析している。
0
書評

【書評】子どもの成績を伸ばす1日10分読書

あなたが本が苦手な親ならば、買う価値はある。
0
書評

【書評】時砂の王

まず言っておきたい。この本は買いだ。
0
書評

【書評】PLUTO 6―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より

今までよりも、大きな動きのある巻。
0
書評

【書評】さすらいの再建人マサが行く!!

真面目なビジネス教養を、マンガで仕入れて活用する。 マンガだからって、キワモノだとか、恥ずかしいとか、 ビジネス書にあらずなんて思ったら大間違いだ。 改めてマンガの表現力、伝わりやすさを実感するだろう。
0
書評

【書評】中国動漫新人類

中国は外に堅く門を閉ざすが、一歩内に入れば それまでとは全く異なる世界が見える国だ。 筆者は1941年に中国で生まれ、幼少期を過ごし、 その中国への想いを常に抱きながら、両国の架け橋 としての人生を送ってきた、中国の近代史を体験し、 その...
0
書評

【書評】骨の島

法人類学者のギデオン先生が、行く先々で 好奇心と偶然により遺骨と巡り会っていき、 その鑑定を通じて事件が明らかにされていく。
0
書評

【書評】ガダラの豚(3)

文句なしに面白い、3巻組の長編ミステリー。 参考文献はたっぷり42冊。 そのエッセンスを 著者が紡ぐことで、ここまで面白い作品となった。 第1巻 日本。マジックと超能力、そして宗教。 第2巻 ケニア。広大な大地と呪術、真の敵現る。 第3巻...
0
書評

【書評】ガダラの豚(2)

文句なしに面白い、3巻組の長編ミステリー。 参考文献はたっぷり42冊。 そのエッセンスを 著者が紡ぐことで、ここまで面白い作品となった。 第1巻 日本。マジックと超能力、そして宗教。 第2巻 ケニア。広大な大地と呪術、真の敵現る。 第3巻...
0
書評

【書評】まだ人間じゃない

表題の短編を含む、それぞれ毛色の違った8つ物語。
0
書評

【書評】ガダラの豚(1)

文句なしに面白い、3巻組の長編ミステリー。 参考文献はたっぷり42冊。 そのエッセンスを 著者が紡ぐことで、ここまで面白い作品となった。 第1巻 日本。マジックと超能力、そして宗教。 第2巻 ケニア。広大な大地と呪術、真の敵現る。 第3巻...
0
書評

【書評】本は10冊同時に読め!

成功した人の、自分の読書スタイル紹介な一冊。
0
書評

【書評】スーパーコンピューターを20万円で創る

あぁ、理系本好きには堪らない一冊だ! プロジェクトXやディスカバリーが好きな人には、 間違いなく本書はお奨めできる。 損はしない。
0