【書評】PLUTO 5


手塚作品の行間を、シリアスで埋めた浦沢作品の第5巻。


手塚作品ではごく短い1シーンだったものを、
独自の解釈でシリアスに展開していく。
総論としてはゆったりとした進み方なのだが、
各論はスピード感のある行間の埋め方だ。
プルートゥの輪郭がおぼろげに見えてきたり、
登場人物(この世界ではロボットも人と同じだ)の
バックボーンが明らかにされたりと動きのある巻。
次巻が待ち遠しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク