北軽井沢スウィートグラス&アドベンチャーを満喫した!

行ってきましたよ。 高規格キャンプ場の有名どころ、北軽井沢スウィートグラスと、関連施設のスウィートグラスアドベンチャーへ。

北軽井沢スウィートグラスは相変わらずの気持ち良いキャンプ場だったし、スウィートグラスアドベンチャーは大人でも思いっきり楽しめる樹上アスレチックだったよ!

時期は9月の中頃、 金曜日にチェックインして、土曜日まるまる遊び、日曜日は早めに撤収してスイスイ帰るという計画だ。

北軽井沢スウィートグラスは1泊だけで考えると結構お高い値段設定なんだけど、トイレもコインシャワーも綺麗だし、売店もそれなりに充実、無料のWiFiまであるという高規格キャンプ場だ。 夜中も見回りでスタッフが巡回していて、安心して家族で楽しめる。

おまけに、金曜か月曜と週末を組み合わせて2泊すると、金曜か日曜分が無料になるどれんぱくと言うプランがある。 つまり、週末1泊分の値段で2泊できるってことなので、2泊分で考えるとかなり割安なキャンプ場ってことになる。 やるなら2泊。 これ北軽井沢スウィートグラスの鉄則。

さて、ここんとこ2週間ほど台風やらで雨模様だったけど、我が家の滞在に合わせて雨が止み、さらには金曜日の夜は満天の星空、撤収の日曜日からまた崩れ模様という神天気。 マジ、晴れ男どころの騒ぎじゃない(笑

そんな気持ちの良い天気の中、今回のサイトは直火林間サイト

北軽井沢スウィートグラス 直火林間サイト

管理棟や売店からは遠いけど、ツリーハウスとかの真横なので遊ぶにも便利だし、キャンプ場のWiFiもばっちり入る場所だ。 常設の焚き火グリルはトラックのホイールを転用したものだね。

焚き火台も持ってきていたのでバーベキューだけは焚き火台でやったけど、このグリルは夜の焚き火で大活躍する。 夜が楽しみだな。

ただ、9月半ばとはいえ夜は10度くらいまで冷え込むらしいので、テント内暖房として石油ストーブを持参した。

北軽井沢スウィートグラス 石油ストーブ

寝るときはインナーテントの入り口近くに寄せておくと、遠赤外線の効果でインナーテント内はぽっかぽかで暖かい。 夜は息が白くなる寒さだけど、Tシャツ、短パンに寝袋を布団のようにかけるだけで過ごすことができる。

金曜日なので他のテントも少ないから、ツリーハウスで遊んだり、キャッチボールをしたりして子供達も楽しそうに過ごしていた。

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス

そして、BBQをしてお腹いっぱいになったところで、お楽しみの焚き火の時間。 まぁその間にも、肉をあまり食べない(ハンバーグとかソーセージは好き)下の子が、BBQで退屈して炭に薪を突っ込んで肉を丸焦げにして怒られたりとか、そりゃもうドラマは色々あったんだけど、そんなことは日常茶飯事の我が家ですから。

焚き火をたっぷり楽しめば良いのさ!

北軽井沢スウィートグラス 焚き火

普通に暮らしていると、火を扱うなんてことはガスコンロくらいしか無いけれど、キャンプの時だけはガストーチで火をつけたり、薪を組み合わせて燃えやすくしたり、薪を手にとって遊んだり、そんな危険そうなことも思う存分に試すことができる。

危険なことは知識に加えて体験で学ぶ、それが我が家流。

そうこうしているうちに上の子は早々に眠ることにしたので、パパと下の子も一緒にトイレと歯磨きに行く。 空は晴れているせいか気温は低め。

あ・・・星が綺麗だ・・・すごく綺麗だ。

上の子が「目が悪いので普段は星なんて見えないんだけど、ここの星空はすごい。 感動した」 そう言って、嬉しそうに広場に走って行く。 澄み切った秋の夜空に輝く、圧倒的なまでの星空のもと、しばし足を止めて空を眺める。

これが寒い時期のキャンプの醍醐味の一つだ。 澄んだ冬の空は、普段味わうことの無い星空を見せてくれる。 次回は三脚持参で星空を撮ってみよう。

さ、そろそろ寝る時間。 おやすみなさーい。

ZZZzzzzzz・・・・

そして朝! 素晴らしい朝! 快晴! いやっほーーーぃぃぃ!!!!

北軽井沢スウィートグラス 直火林間サイト 朝

鳥のさえずり、川のせせらぎ、森の木漏れ日。 ここにはその全てがある。 一昨日までの雨や台風はどこへ行ってしまったのだろう? 今日は本当に素晴らしい朝だ。 ツリーハウスをつなぐ吊り橋が朝日に映える。

北軽井沢スウィートグラス ツリーハウス 通路

今日の朝食は、昨夜のうちに作っておいたおでん。 朝のうちに石油ストーブにかけて暖めて、シャトルシェフで保温しておいたので、寝坊助さん達も起きてすぐに熱々のおでんが食べられる。 シャトルシェフは我が家の秋冬春キャンプでは必携のアイテム。

ほかほかの暖かいテントから外に出ると、おおっ寒っ!!と思うけど、熱々のおでんを食べているうちにすぐに慣れることができる程度の寒さ。 マイナスだとこうはいかない(笑

北軽井沢スウィートグラス 直火林間サイト トラックのホイール おでん

今回のキャンプはSGAパックというスウィートグラスアドベンチャー付きのセットにしていたので、慌ただしい朝食を済ませて車で5分ほどのスウィートグラスアドベンチャーに向かう。 受付もツリーハウスになっているので雰囲気あるね。

スウィートグラスアドベンチャー 受付

誓約書を書いたら、まずは安全対策のハーネスを着け、禁止事項などの説明を受ける。

スウィートグラスアドベンチャー ハーネス 説明

ハーネスには安全環、環付カラビナ、環付プーリーが付いていて、それぞれに緑、赤、青と色分けがされている。

スウィートグラスアドベンチャー カラビナ プーリー

赤い環付カラビナは赤色のワイヤーに、緑の安全フックは緑の安全環にと、色で明快に区別しているのでわかりやすい。 安全を確保したら早速トライ。

ルールは明快。 親が最初に行く、赤を最初につける。 常に必ず一つの命綱を繋いでおく。 そして、楽しむ。 これだけ。

スウィートグラスアドベンチャー ハーネス カラビナ 縄ばしご

命綱があるとは言え、手放しで渡るのは高さもあって中々怖い。

スウィートグラスアドベンチャー 網渡り
下の子はこの柵のような上を渡るのが一番怖かったと言っていた。 高いし、柵がぐらぐらして上手に渡るのは結構難しい。

スウィートグラスアドベンチャー 柵渡り

ところどころにあるジップスライドが、スピードがあって面白い。 俺は何度やってもくるっと回ってしまって、お尻から着地して泥だらけになってしまった(涙

ロープ1本の綱渡り。 これは終盤だったので、もうだいぶ慣れたみたいだけど、命綱があるってわかっていてもスリル満点だ。

スウィートグラスアドベンチャー 綱渡り

3,000円/人で3時間弱たっぷり楽しめるんだから、試しに1回くらいはやってみても良いんじゃないだろうか。 我が家の子供達も大満足だったみたい。

帰ったらチキンラーメンで遅めの昼食を取って、寝たり、遊んだり、めいめい自由に過ごして夜も更けていく。

翌日は早めの撤収で、高速もスイスイ。

楽しいキャンプだったな。

中1の上の子は、そろそろ来てくれなくなるだろうから、今のうちにたっぷり楽しんでおかないとね。

『北軽井沢スウィートグラス&アドベンチャーを満喫した!』へのコメント

  1. 名前:なかやん 投稿日:2016/06/10(金) 21:14:51 ID:1d53fa7d1

    構いません。どうぞご利用ください。
    楽しい記事ですね。
    Facebookでイイネさせて頂きます。
    「保温調理」が便利すぎ!シャトルシェフが生んだ5つのメリット

  2. 名前:CAMP HACK編集部 投稿日:2016/06/09(木) 11:57:52 ID:68e898634

    初めまして!アウトドアメディア「CAMP HACK」編集部と申します。

    「シャトルシェフ」特集記事にこちらのページ上から7番目のお写真を是非使用させていただければと思います。

    もしご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove