可搬できるハンモックスタンドを自作する(前編)

この記事は約2分で読めます。

今回は仮組みまでやってみたけど、充分に使えそうだ。

ハンモック泊が快適で好きなんだが、林間サイトじゃないとダメだってのが難点だ。

そこで。

ハンモックスタンドを探してみたが、高い。

と言うことで、自作してみることにした。

構想を練ろう。

まず、普通のハンモックスタンドのリサーチを。

多くはU字とかV字型が多く、上側に開放感があるように作られている。

こんな風に。

こんなんで1万8千円。

高ぇ。

確かにしっかりしてるけどさ。

でも高ぇ。

それに、オレが欲しいのはハンモック泊のためのスタンド。

タープをかける前提だ。

幅も3メートルは必要だ。

であれば、工事現場の単管パイプを使ったバリケードみたいな構造で良いんじゃね?

と言うことで。

図面を引いてみた。

 

で、近所のホームセンターで、単管パイプとジョイントを買ってきた。

パイプは3mのものを3本。

それを半分にパイプカッターで切る。

これね。

園芸用のポールだとか、突っ張り棒、キャンプ道具とか、パイプ状のものをグリグリとぶった切るのに非常に便利。

一家に一つ、パイプカッターだよ、マジで。

で、買ってきた部材を寸法に合わせて切って、仮組みするとこうなる。

少しユラユラするな・・・。

大丈夫か?

案ずるより産むが易し。

寝てみよう。

冬用の安物シュラフ、アンダーキルト、電気毛布、写真には写っていないがポータブル電源。

冬のハンモック泊と同じ装備だ。

これで、寝てみる。

自宅のベランダでハンモック泊。

・・・・。

馬鹿なの?

😆

そんなオーディエンスの声が聞こえてくるようだ。

だが。

オレは求道者。

そして伝道者でもある。

そこにハンモックスタンドがあるから、オレは寝る。

二晩も連続で寝ちゃったよ😆

寝心地抜群。

これはイケる!!!

よし、ちゃんと本組みしよう。

それは別の記事で!

コメント

  1. […] 可搬できるハンモックスタンドを自作する(前編)今回は仮組みまでやってみたけど、充分に使えそうだ。nakayan.jp2020.12.07 […]

タイトルとURLをコピーしました