スポンサーリンク

100均の携帯用ウォシュレットでキャンプがもっと自由で快適になった

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ども。

年間40泊キャンパーのなかやんです。

こんxxは。

今日はね、今さらだけど携帯用ウォシュレットについて語りたい。

結論から言って、一軍入り確定だ。

携帯用ウォシュレットって、前から売られていたのは知っていた。

数千円とかして、こんなの持ち歩くほど潔癖じゃねーし、オレ。

とか思って、買おうとは思ってなかった。

100均にあるってことも知ったけど、それでも欲しいと思ってなかったのよ。

でもね、ふと100均の旅行用品コーナーを見たらさ。

コレは使えそーだなと。

最近は仮設トイレしかないキャンプ場の利用頻度も上がってきてるし。

これがあれば、トイレも快適だろうなー。

そう思ったので買うことにした。

何万もするものを衝動買いしたりするのに、100円ごときで何を迷っていたんだろう😆

ペットボトルに取り付けて使う。

さっそく、自宅にあったペットボトルに取り付けて試験だぜ!!!

便座ギリギリの位置から、ぷしゃー・・・・ペコペコっ

ぷしゃー・・・・おおおう、ペコッ

ぷしゃー・・・・むむむむ

良いね、普通のウォシュレットと変わらない水量じゃないか😮

だが、ペットボトルだと少し大きいし、水を押し出すのに力が必要。

さらに、ペコペコ音がうるさい。

トイレの中から、ペットボトルを潰すような音が響く。

ペラペラの薄い材質じゃないと、水を押し出すのにかなり力が必要だが、ペコペコ音がうるさい。

これはいかん。

カイゼンせねば!

そこでまた100均。

店内を丹念に巡回し、園芸用品に売られている水差しをゲット!

水差しはコレ。

おや?

もしや角度的にもコレだけでいけるんじゃ・・・

いや、なんか形が生々しくてヤダな。

ケツに刺さりそうだし。

これをキャンプ場のトイレに持ち歩いてるオッサンなんてオレは見たくない😆

と言うことで、ボトルだけ流用する。

このボトルは押すこと前提なので、柔らかくて押しやすいし、押してもペコペコ音がしない。

大きさも適度に小さいし。

これに、携帯用ウォシュレットを取り付けるとこうなる。

コンパクトで押しやすい携帯用ウォシュレットの完成だ。

もちろん、作ったら試験は理系のキホン。

ぷしゃー・・・・

ぷしゃー・・・・

ぷしゃー・・・・

これ快適!!

このふにゃふにゃボトルだと、しっかり押せて威力抜群。

直腸の中まで洗いたいような人でも満足できる威力😁

ペコペコ音もしなくて静か!

さらに温水を入れれば、普通のウォシュレットと変わらないじゃん!

紙の消費量も少なくてすむ。

仮設トイレでも、匂いだけ我慢すれば快適トイレタイム。

便座ギリギリからの噴射なので、危惧していた跳ね返りも無く清潔。

そして、和式でも使える!!

和式なのにウォシュレット!

でも、さすがに共用するのはヤだけども😆

1人ひとつでお願いします。

そんな訳で、どんな仮設トイレでも快適💩タイムが遅れる本品。

ウォシュレットに飼い慣らされた、軟弱な日本人のお尻に全力でお勧めだ。

防災用にもオススメ。

200円で買える幸せを、あなたにも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました