ジョギングMEMO(体の芯)

この記事は約1分で読めます。

走り始めの時は、左右の足の接地時の音が違っている時が多かった。 ちょうど足首や膝の痛みが続いた時期でもあるんだけれど、痛みの原因は左右のバランスの悪さにあるんじゃないだろうか?

走りながら足の運びに注意していると、左右の足の接地するタイミングが異なっている時がある。 踵からの時もあれば、足裏全体で着地している時もあって、トン、ペタ、トン、ペタっていう走行音も間抜けだ。 楽しく走っている時にはリズムも足の運びも良いので、骨盤から背骨にかけてのバランスの悪さ、歪みが末端の足の運びに表れているんだろう。 特に腰回りが怪しいな。

とすれば、ウオーミングアップに体の芯を伸ばし、歪みを治すような、腰の捻りの動作を加えて、上半身のストレッチを強化してみることで改善できそうだ。 あと、走っている時の上半身の姿勢。 胸を張りすぎず、猫背にもならずって気をつけている。

で、実際に試したところ、かなり良い調子。

足の運びも改善されてだいぶ快適に走れるようになったけど、今度は首に妙なこりがでるようになってきた。 それも片方だけ。 これは次の課題だな。 バランスの悪さ、たぶん上半身の姿勢とか、腕の振りかなーとは思うんけど、まだ絞り切れていない。 もう少し観察してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました