おひる(7/17)

この記事は約2分で読めます。

昨夜は荻窪で仲間達と一杯。

俺は外様の新参者でしかないけど、疎外感を感じさせず気持ち良く受け入れてくれる懐の深さは、さすが吸収合併を繰り返してきた会社だけある。

誰でもすぐに、仲間として、戦力として迎え入れられる。

これが、この会社の強さでもあるのだな、と再認識。

 

そして、呑んだ翌日はラーメン。

先日来た時にちょっと違和感を感じたので、再確認したくて保土ケ谷のほどが家に再訪してみた。

今日はつけ麺(大盛)だ。

つけ麺

う~ん、味が少し落ちた気がする。 麺や具材は前と変わらないようだが、スープの濃厚さに欠けると言うのか、パンチに欠けると言うか。

それにも増して、前はつい大盛を食べたくなってしまう値付け、お得感があったのに失われている。

前は普通盛が750円で大盛はプラス50円、ついつい大盛¥800をポチッとしちゃう価格設定だったんだけれども、今はなんと大盛930円になっているんだな。

トッピングも80円~と値上がりしているので、トッピングを含め合計で1,000円を超えてしまう価格帯になっている。 ほんのジュース1本分でしかない130円の違いではあるけれど、割高感を感じてしまうコスパの悪い価格帯になってしまった。

これが850円だったら、納得できる価格なんだけどね。

ちょっとの違いだけど、価格戦略って難しい。

と言うことで、当分は足が遠のくことが決定した。

さらば。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました