キャンプグッズ紹介~THE NORTH FACEのテント(型式不明)

もう25年くらい前に買った、ザ・ノース・フェイスのテント。

バイクツーリング用に買ったんだけど、まだ現役ということに驚かないか。

今回は、そう言えばこんなテントもあったよねー、と懐かしむオサーンキャンパーに送る、懐かしのテントの話題。

出会いはREI

これを買った頃は、まだインターネットが文字ばっかりの時代だ。 netnewsとか、Anonymous FTPとか、Gopharとかが使われて、人的なつながりはメーリングリスト、そんな時代だ。

そんな時代に、海外発送にも対応していたアメリカのREIから個人輸入したのが、このテント。 カタログを送ってもらって、海外FAXで発注し、指定金額を海外送金する。

安いからと船便を選んだりと、そんな手順も楽しみの一つだったな。 今はいろいろと便利だけど、わくわく感が減ってしまってオサーン的には残念でもある今日この頃さ。

収納は標準的

バイクツーリング用ということで、大人2人用を1人で贅沢に使う。 大きさも大人2人用としては標準的な大きさだね。

手前から、収納袋、本体、ペグ、ポール、フライ、グランドシートが入ってる。

床形状は長方形に近い台形

本体を広げると、床の形がわかりやすいかな。 1人なら、かなりゆったりと使える広さがあるね。

同じ長さのポールを3本使って、モスラの幼虫のような形に立てていくわけだ。

ポールの工夫に感心しきり

このポールは良くできていて、ハトメの穴にポールを挿していくんだが、ポール端の銀色部分にゴムリングがついているので、ハトメに挿したときに簡単に抜けないようになっている。

30年くらい前の設計としては、素晴らしい工夫じゃないか!

ハトメのようなパーツに、ポールを挿していくと、ゴムリングのおかげで1人で組み立てていても抜けてしまってイライラ!なんてことが無い。

スムーズでイイネ!!!

ポールは同じ色のテープについているリングに通していく。

メッシュが広くて通気性抜群

すべてのポールを挿すと、このような自立型のテントのできあがり。 両サイドと入り口がメッシュなので、風通しは抜群だ。

寒い時期には使えないが、バイクでのキャンプツーリングを冬場にやらないから無問題!

中も広々としている。 1人なら荷物を入れて、ゴロゴロできるくらい広い。 座っていても頭も当たらないくらいで、中で煮炊きして快適に食事ができる高さがある。

非常に快適。

フライでシャープなシルエットに

とは言え、夜露とか困るのでフライシートもかける。 ここまでペグを使っていないけど、しっかりとここまで形になる。

ペグを打つと、シャープなシルエットが美しいテントが現れたぜ!!!

あぁ、マジ美しい。

入り口を開いたところ。 入り口は片方だけだ。

居住空間は広々快適

アップにすると、前室の広さがわかるね。 しっかりペグが打てる場所なら、かなりの広さの前室が使える。

入り口のファスナーを閉じた前室。 靴を置いてなお、煮炊きもできる空間が確保されているのが嬉しいところだ。 幕内で煮炊きするよりは、外の方が気が楽じゃない?

入り口上部のザ・ノース・フェイスのロゴが素敵。

今もたまに引っ張り出して使うけど、ほんと壊れない。 ポールのゴム紐を交換したくらいかな。

この先いつまで使えるかわからないけど、大事にしていきたい俺の道具だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク