何のために働くのか

何のために働くのか

「仕事即ち修行」
人間として成長するために何をすべきかを、
著者の生い立ちや人生観を通じて語られている。


最終目的を金銭の多寡ではなく、人としての完成度、
自身を成長させ続けることに重きを置いているところは
中村天風氏に通ずる確固たる哲学が伝わる。
書中、心に残った一文がある。
「私は天を相手にして物事を決めている」
多方面から検討を加え、それでも選択できない案件のみが
氏の元に集まり、選択を委ねられるという文脈の一文だ。
将たる者のみに許される、人智を超えた選択。
新入社員達に読ませたい本として、人気があるのも当然か。
そして、学生の諸君にも是非一読をお薦めしたい。
あなたの人生が変わる出会いになるかもしれないのだから。