ウインカー&リレー交換をした

ウィンカーウインカーリレーが壊れてしまったので、修理の準備をしたのが一昨日の話だ。

この週末は残念ながら雨模様ではあるものの、バイク置き場は立体駐車場の隅にあるので雨なんかへっちゃらさ!

さぁ、やるぞ。

まずはウインカーリレーの交換から。

ハンターカブのウインカーリレーは、右側の車載工具が入っているカバーの中にある。

左側カバー

黒いツマミを回してカバーを外すと、車載工具とバッテリが見える。 リレーはこのバッテリケースの裏側だ。

カバー外した

車載工具を降ろし、バッテリを押さえている金属板の上側ネジを外すと、バッテリを取り出せる。

バッテリケース

取り出したら、奥に見えるこの金属製のバッテリケースの裏側に、ウインカーリレーとイグニッションコントロールモジュールがくっついている。

ウインカーリレー

中央下側に見える2本の線がつながっているのがウインカーリレーで、左上の線が沢山つながっているのがイグニッションコントロールモジュール。

ハンターカブのウインカーリレー

ハンターカブのウインカーリレーは2線式。 このリレーのタイプだと、灰色の線を右側に、黒色の線を左側の端子に接続する。 真ん中の黒い穴はブザーの穴だった。 音がするリレーが欲しかったから嬉しい。

あとは、逆の手順で組み付けれて、動作確認して終了だ。

さて、次はウィンカー本体。

ウインカー本体

この愛らしいまでに無骨な、四角くて大きいウインカーとはしばしお別れ。

ウインカーステー

去年ウインカーステーが壊れた時に少し配線も変えていたので、作業はそのまま交換するだけでお手軽。

あぁそう言えば、自作LEDウインカーに変えたときにリレーが短絡して壊れてしまったので、ヘッドライトケースの中の配線も逆流しないように変えた。 でもよくよく考えると、ウインカー表示のためのランプを取ってしまえば良いのかもしれない

ナンバープレートを外すと、リヤ周りの配線をいじることができる。

配線

オレンジ色の線が左側ウインカーの+側、水色が右側の+側、緑色がアースなので、2線式のウインカーとは下記の組み合わせで接続する。

  • オレンジ色 - 左側ウインカーの赤
  • 水色 - 右側ウインカーの赤
  • 緑色 - 左右のウインカーの黒

今のウインカーはステーごと外してしまって、交換用のウィンカーを両面テープで仮留めして位置合わせをする。

暫定ウインカー

こんなもんかな。

うーん、やっぱりハンターカブはあの四角くて大きなウインカーが良く似合う。 丸くて大きいのも良いかもな。 良い意味で無骨さがあって。

ナンバープレートのネジと共締めして、動作確認をして完了。

ホーンはステーと配線材料を買ってこないと取り付けができないので、今日はココまで。

何かを新しくすると、すぐに乗ってみたくなる。

雨が恨めしいな。

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove