リアウインカーのステーが折れたので直したぞなもし

1997年12月、俺の手元にハンターカブがやってきた。

Webをセコセコ作ったり、車載用の巨大トランクを作って北海道ツーリング(現地11泊)とかやってみたり、「俺の人生の傍らには、いつも君がいた」的な存在であるハンターカブ。

もうあちこち大分ガタがきているんだけど、昨日はリアウインカーのステーが折れた。

大分前から、経年劣化で水が干上がったようなヒビ割れが入っていたんだが、ついに根元からポッキリ折れてしまった。

それも両方。

ぽっきり

どうしよう。

よく見ると、自賠責も今月で切れるんじゃないか。

ま、自賠責はさておき。

ウインカーだ。

どんな状態かもっとよく見てみよう・・・

首の皮いちまい

まさに首の皮一枚って状態。

首を落とすのが怖くて、いつものような走りができない。

おまけに右側もヤバい。

右側

と言うわけで、直しましょう。

まずは、ウインカーの構造をよく見る。 ナンバープレートとブレーキランプが取り付けられた台の左右に、リアウインカーが取り付けられている。 リアウインカーはこんな構造だ。

リアウインカー

ウインカーランプそのものには配線が1本(オレンジ色)だけで、ステーの金属部分からアース(緑色)が出ていて、ナンバープレートの裏側でギボシ端子で本体側の配線と接続されている。

折れたステーは処分して、代用となるものを探す。

暑い中、新品・中古のバイクパーツショップを回って、ハンドルやリヤサスに目移りしながら、最終的にホームセンタで売っていた金属ステーで代用することにした。

でも、次はハンドルかリヤサスを新しくしよう。

上の絵にある緑色の配線はステーと一緒に捨ててしまうので、配線材料とギボシ端子で配線だけ作ろう。

で、こんな感じに仕上がった。

仕上がり

なかなか悪くない。 点灯テストとかやって、特に問題が無いようなので増締めして完成。

完成どうよ、中々でしょ。 てへっ。

ちなみにウインカーは自作のLEDバルブで、4灯合計で100本の高輝度LEDを使ってるんだよ。

ついでに、ブレーキランプもLEDバルブに変えとこう。 最近は安くなったんだね。

さ、これでまた子供達を乗せる足として頑張ってもらおう。

『リアウインカーのステーが折れたので直したぞなもし』へのコメント

  1. 名前:ナカヤン.JP » Blog Archive » ウインカー&リレー交換をした 投稿日:2014/03/01(土) 17:16:17 ID:1a2fa7a94

    […] 去年ウインカーステーが壊れた時に少し配線も変えていたので、作業はそのまま交換するだけでお手軽。 […]

All original content on these pages is fingerprinted and certified by Digiprove